アトピー・喘息対策

東京都福祉保険局シックハウスFAQによると、狭義のシックハウスを含む喘息、アトピー性皮膚炎など広義のシックハウスは室内環境を適切に改善することにより問題を解決することが可能であると言っています。

アトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎の大きな特徴は“強い痒み”と“治りにくい湿疹”です。
痒いので皮膚をかき、皮膚が炎症してさらに痒みが強くなり、悪循環を繰り返します。
アトピー性皮膚炎で重症の人が増える原因として
①ストレスの増加
②ダニが発生しやすい住環境
③食生活の変化
が考えられます。

アトピー性皮膚炎の原因はハウスダストとダニのフンと言われています。
ダニ、ほこり、カビ、はアトピー性皮膚炎を悪化させるものなので、出来るだけ減らす努力が必要です。
(「かゆくたってへっちゃら!!」-アトピー性皮膚炎を悪くしないために-より引用)」


走査電子顕微鏡でみたダニとダニのフンとツメダニ

アトピー性皮膚炎の症状

アトピー性皮膚炎がなぜ起こるのでしょうか。

皮膚は上から表皮、真皮、皮下組織というつくりになっています。
表皮の一番上の最上層には肌を守るのに重要な役割をする「角質」という組織があります。
角質の中には平らな細胞が層になって重なっています。
この細胞同士の隙間に、セラミド(細胞間脂質)という脂が埋まって、細胞と細胞をしっかりくっつけ、
肌を保護しています。これにより皮膚の「バリア機能」が保たれています。
ところが、アトピー性皮膚炎の患者さんは生まれつき、このセラミドが十分でありません。
このため、細胞と細胞の間に隙間ができ、皮膚がカサカサになって穴が開いた状態になります。
その結果、水分が逃げやすなって皮膚が乾燥し、外から異物(ダニやハウスダスト)が入り込んで、
湿疹が悪化しやすくなります。

喘息の原因と症状

気管支でアレルギー病が起こり、咳、痰、気管支閉塞を起こし、喘息発作を起こす病気を“気管支ぜんそく”といいます。喘息の原因はホコリ、ダニ、カビの胞子、花粉等のアレルゲンを 吸入することにより起こります。
鼻や口から吸入されたアレルゲンは感作され、アレルギー反応が準備された気管支粘膜に到達します。
さらに、気管支粘膜の表面にあるマスト細胞と反応し、ヒスタミン、ロイコトリエンなどの化学伝達物質が出てきます。
化学伝達物物質のヒスタミンはのどでは咳やイガイガ感、痰などを起こします。気管支では気管支筋を収縮させます。
さらに刺激を与えると気管支線で痰ができます。血管の透過性が増し、血管内の水分が血管外に出て、粘膜が腫れてきます。
気管支が閉ざされ塞がれた状態になる為、呼吸が苦しくなります。
ゼーゼー、ゼロゼロといった音の出る息を繰り返し、呼吸が苦しくなってきます。これを喘息発作と言います。

◆発作の前ぶれ◆
アレルギー性鼻炎などで鼻づまりになると、息で呼吸が出来ないので口で呼吸をすることになります。
すると喉にアレルギー反応はおき、イガイガ感を生じ、咳、痰が出てきます。
さらに、ハウスダストやカビ、花粉などのアレルゲンを吸入すると気管支のアレルギー反応を引き起こします。
その為気管支筋が収縮し、粘膜が腫れたり、痰によって詰まったりしてきます。
つまり、鼻づまりや口呼吸、のどのイガイガ感、咳、痰などは喘息発作の前触れなのです。
(「花粉症、喘息に打ち勝つために」から引用)

喘息の対処方法

喘息発作はアレルゲンに対する気管支のアレルギー反応です。
気管支が過敏になりアレルゲン(刺激)を体外に排除しようとする防御反応なのです。
アレルギーが入らなければアレルギー反応は起こりません。
ぜんそくなどのアレルギー病で一番大切で重要な治療法はアレルゲンを少なくすることです。
この方法が最も根本的な治療法でもあります。

エアープロットのハウスダスト対策

エアープロットは室内のアレルゲン(原因物質)を分解、除去し、室内からなくす事ができます。

下記の写真はダニのフン(アレルゲン)分解の様子です。
ダニのフンは目には見えない(10~40ミクロン)大きさです。ダニのフンを虫体(ダニ)よりも小さく気管支に入りやすく、フンの量の方が多い為、フン由来のアレルゲンは99%を以上を占めています。

[実験]ダニのフンをエアープロットを塗布したガラスの上にのせ、紫外線を照射・・・

  • ダニのフン原型

    ダニのフンの大きさは約7~8マイクロメートル。
    顕微鏡倍率:8000倍

  • 12時間後

    エアープロット塗布ガラスにダニをのせ、紫外線を照射して12時間経過後、
    かたまりだったものがバラバラになってきた。
    顕微鏡倍率:8000倍

  • 3日後

    エアープロット塗布ガラスにダニをのせ、紫外線を照射して3日経過後、
    写真では見えにくいが中心に白いものの周りに水たまりのようなものがある。
    顕微鏡倍率:8000倍