建物のメンテナンス!その家でいいのか・・

10年も経つと建物には色々と不具合が発生する。
最近の家で代表的なのが外壁コーキングと屋根材の劣化、バルコニー防水メンテ、建坪30坪前後の家で仮設足場を含めておよそ180万円から220万円前後の出費となる。

「こんなの急に云われたって金の都合が付かない」というわけ。
3年点検5年点検では何とも無かった外壁や屋根も10年前後経過すると確実改修が必要になり放っておくと大変な出費となる。
昔の家はこんなにかからなかった。
このことは記載するなどもっと徹底するべきだったと今、反省しています。
外壁、屋根材メーカーのいうことを信じて施工してきた工務店として責任を感じているが、施工が悪いのが原因ではないし、メーカーは今のところ非を認めてはいない。
今マイホーム購入の計画をしているみなさんはこの話を他人事と考えずしっかり肝に銘じてほしい。

10年先のメンテに備えて何を肝に銘じるか
①点検費用を前もって積立をして置くこと(分譲マンションのように)
②計画の段階で高く値いてもメンテ費用の少ない素材を選んで置くこと。
③バルコニーはできれば造らないこと。

この3点は工務店側と相談して決めておくべき最低限の予防線だと思う。
と云っても、実際にマイホーム検討の段階で「何をどうやって選んだらいいのか解らない」

もっともな話し、でも高く付いてもやって置くべきことがあるし、安くなる分もある。
最も現実的な方法は建坪を1坪減らすことで屋根も外壁も上質に変えることができる。
これは僕の私見だから適当に聞いておいてほしい、目くじら立てられると僕は困窮してしまう。

「何も言わない」のが無難かもしれないが、それが一番怖い。
まずは外観、これは365日、雨の日、風の日雪の日も外気にさらすのだからケチってはいけない
何がケチなのか、はっきり言うとサイデング壁やカラーベスト屋根では駄目だということ。
サイデングメーカー程、無責任な会社はないと云える。
被膜10年保証はあるけどそれは素材の表面だけ、コーキングの保証はあるのか、ない!
今起こっている現象はコーキングの劣化によるサイデングの劣化、サイデングが悪いのではない、の理屈、こんなの通るのか~??
どこもかしこもサイデングばかりの家、20年先が空恐ろしいと、みんな思っているけど、声を出すのは僕だけだろう。

③にバルコニー不要論
これから先外気汚染がますます進み洗濯物は外では乾せない時代が必ず来る。
と、バルコニー不要、無用の長物となる。
バルコニーが無いと窓が小さくなりコスト安、窓からの熱損失も少なくなり室内空気環境は格段に良くなる、防水メンテも必要ない。
窓辺にフラワーボックス、花鉢をあしらうことで建物外観のグレードアップ、個性あふれる家にもつながる。

スイスへ行ったとき、どの家の窓にもフラワーボックスがあり、美しい花鉢が添えてあったのを今思い出している。
参考にスイスの小窓と読売新聞記事を紹介しょう。