そのシャッター雨戸!

近頃の新築住宅にはごく当たり前のようにシャッター雨戸が取り付けられている。
一昔前には出窓がかっこいいという事で大流行した。
かっこは良かったけど夏暑いし、冬どうしょうもない寒さに耐えられず衰退してしまった。
今のシャッター雨戸、どこもかしこもサイデング壁にぺったりとくっ付いたシャッターで
「これ、住宅?」と疑いたくなる外観、まるで物置か、ガレージの感じがしないでもない。

もともと、日本の家づくりにシャッター雨戸の文化なんて無かった。
このシャッター雨戸、コストは結構高いし、万一の火災の時は熱くて手で触れない。
地震で建具がきしめば開ける事は出来なくて危険極まる。
夏のシャッター雨戸は集熱板の役割を果たして窓ガラスとの空間の温度は60℃前後に達して室内に放熱してしまう厄介ものだ。

一方、引違雨戸はどうだろう、「ルーバー雨戸」と云うのがある。
雨戸板をルーバー状に仕込んで手で開け閉めできる優れものだ。
夏、暑い日にはそのルーバーを手で少しだけ開けると窓ガラスとルーバー雨戸の間の空気が
自然の摂理で上昇を繰り返して遮熱の役割を果たしてくれる。
夏の蒸し暑い夜などは窓を全開してルーバー雨戸から外気を取り入れる事も出来る。
火災、地震のとっさのとき、足で蹴ってでも開けることが出来る。

窓辺の女性ルーバー雨戸

ルーバーの隙間から射し込む光りが柔らかく床板に映る風情は何とも美しい。
しかもシャッター雨戸よりも安いし建物の外観が美しい。(これは人それぞれの主観だか・・)
限られた建築予算でいい家を建てたい、その希望は叶えられる。
建築面積を1坪減らす工夫をするだけでもこの願いは可能となる。
ほかに、無駄使いをしていないか、もっと大切な箇所は何処なのかを見極めることで
住み心地よくて丈夫でメンテの要らない家が、手に入るはずだ。

ルーバー雨戸

ルーバーの素材は軽くtr条ぶなアルミ製 ルーバーを閉じた状態

窓辺で読書をする人