日本の漆喰

姫路城の城壁
日本の土塀

■大阪城改修にも使われた日本の漆喰

弊社の推奨する漆喰材は日本古来の漆喰で原料は山の石灰岩から出来ています。
漆喰は数千年も前から世界各国で使われてきました。西欧ではピラミッドや宮殿、日本では城壁、土壁に使用されてきました。
古くはピラミット建造の時代から使われています。当時栄華を謳歌した王妃が千年を超え、その姿を現代人に魅せることが出来たのは、その棺が漆喰で塗り固められていたからです。
また純白の白鷺の姿と蘇った姫路城は、真新しい漆喰で塗り固められ、これからもその初々しい姿を世に魅せることでしょう。

■漆喰の特徴
1・調湿効果 漆喰には軽石のような構造をしているため室内と室内の湿度バランスを保つことが出来ます。
2・防虫、防カビ効果 一般にダニやカビが生息できるアルカリ性の値がph1~11に対して、漆喰の値は14と高アルカリ性です。自然の防虫、防カビ効果があります。
3・耐火性 ビニールクロスなどに火を近づけると一瞬にして黒い煙り、悪臭が出ますが漆喰には黒く色づくだけで臭いも無く新建材に比較して耐火性に優れています。
4・防塵効果 漆喰は化学合成物質ではないので静電気は発生せず粉塵が素材に付着することは少ないです。

■漆喰壁の原料

石灰岩を焼くと右のような白い粉になります。
石灰岩を焼くと右のような白い粉になります。
天然海草糊の原料と右がつなぎ材の天然麻です。
天然海草糊の原料と右がつなぎ材の天然麻です

自然エネルギーを効率よく建物内に取り込もうとする場合には木と漆喰材料は欠かせません。
昼間の暖かさを素材に蓄え、夜室内が冷え込んだらじわじわとその熱を放熱する能力があるからです。

居室面積での壁面積は大きく、室内の空気環境に大きく影響します。気密断熱化が進むとともに増え続けるアトピーやシックハウス体策に漆喰塗り壁は大きな役割を果たします。漆喰塗り壁はなによりもそこに住む人の健康に大きく関わってくることを理解して、妥協のない家づくりを目指したいものです。高価だからあきらめるのではなく、自分で塗るのです。その気さえあれば必ず漆喰壁は素人でも塗れます。

漆喰 日本特有の高温多湿の気候から編み出された手法は今見直されつつあります。

木と漆喰の家の良さを身体でつかもう。
自然エネルギーを効率よく建物内に取り込もうとする場合には木と漆喰材料は欠かせません。
昼間の暖かさを素材に蓄え、夜室内が冷え込んだらじわじわとその熱を放熱する能力があるからです。
室内の温度調整だけではなく素材から拡散するフイトンチッドという成分が室内の空気環境を整えてくれます。
これらの効果は知識として理解するのではなく現場に身を置いて身体で体感するに尽きます。
将来、化学合成物質の塊りの中でシックハウスで悩むか、爽やかな空気と木目のゆらぎに心癒されて元気をもらうかの選択は建てるまでにするべきです。

漆喰塗り壁実践セミナーを行っています。塗り壁体験に参加しましょう。

漆喰塗り壁実践セミナーを行っています。

しみず工務店では漆喰セミナーを開催しています。是非ご参加ください!
「技は目で見て盗め」です。「習うより慣れろ」です。プロのしぐさを見て、真似ることを何回もすることで必ず上達します。
「教室ではなく実際の建物の壁を左官のプロと一緒に塗ることが出来る」こんな企画をする工務店はそう多くはありません。絶好のチャンスと言えます。室内を漆喰壁にするとアトピーやシックハウス体策に効果的と云われていますが誰にでもいいとは限りません。塗ってしまってから後悔しないために実際を身をもって体験することが大切と思われます。
漆喰の塗り方を教わるだけでなく、塗りたての漆喰壁の臭いも体験できます。塗っている最中の空気がとても清々しく感じることでしょう。