論より体感!!

論ずるより体感ですね。昨日はお施主様のご好意で天王寺区内で「狭小地に建つ地熱の家」
完成見学会を開催しました。この季節、この体感はとても参考になりますよ。

この家は日本の木と漆喰壁、地熱利用と花粉や化学拡散物質(PM2.5含む)を除去する家。
これからの住まいは省エネだけではなく、夏涼しく冬暖かいだけでもなく、住まいの中で
健康になることが重要ですね。欲張りのようですがこの家はこれらを満たしてくれます。

健康になる家とは、エアコンは少ししか使わなくて済む家、温度差の少ない家、空気が綺麗
になる家。省エネを無理にするのではなく、後から付いてくるものと考えています。

これから花粉の季節、中国からのPM2.5飛来などによる空気汚染は深刻、外の空気は選べ
ないにしても一日の内半分を過ごす住まいの中では綺麗な空気で暮らしたいですね。
天王寺の家はこの願いを叶える仕組みの家です。

お施主様の好意で3月2日にも開催します。この寒い季節にぜひ、建物の実際を体感下さい。
大野浩志氏作成の「切り取りの世界」には開口部断熱対策のヒントが隠されています。

k318