高断熱住宅への疑問

高気密、高断熱住宅が喧伝されて久しくありません。北海道並の断熱住宅にして欲しい、
というお施主様もお見受けします。ここでは高性能断熱材の効用、メリット、デメリット
についての社長のぼやきです。

どんな性能の良い断熱材でも熱抵抗が大きいというだけで、熱すべてを遮断するわけで
はありません。断熱材に溜め込まれた熱は除々に必ず室内に入ってきます。
温度の高い物体と低い物体が接していると、高い方から低い方へと熱エネルギーが移動
はじめるのは自然の摂理。

「断熱材」は熱の流れを断ち切るのではなく、内と外との温度差を性能の良い分だけ緩や
かに、時間を掛けて解消しているだけ、と言っても過言ではありません。

夏の断熱性能(R値)の高い断熱材は溜め込んだ熱を室内に長時間かけて伝えます。

一方、室内の熱気は高性能断熱材が災いして逃げ場を失って籠ってしまいます。

大阪の夏は蒸し風呂、外気温は低くなっているのに室内はサウナのように暑い、北海道
の夏、エアコンが要るようになった。この現象の一因が理解できそうです。
お上推奨の高断熱住宅、このまま信じていいのでしょうか?