建物の健康とそこに住む人の健康

結露には二通りあります。目に見える表面結露と目に見えない壁の中の結露です。

目に見える結露は発見しやすく、ガラス面の結露などは拭き取ることが出来ますが壁に
包まれた柱など見えないところで発生する結露は発見しにくく、カビ臭くなったりシロ
アリが発生してから気付き、すでに手遅れという場合が多いです。

「家づくりは夏を旨とすべし、冬はいかようにも過ごせる」の名訓があるように高温
多湿の日本での建築は夏の湿気対策を第一に考えました。

室内では障子や襖の引き違い建具を使い天井と建具の中間には欄間と設けて室内空気の
流れを確保していました。外壁には杉板や土壁を多用することで湿気が多い季節になる
と杉板や土壁が水分で膨張して建物内部への湿気の侵入を防ぎました。

夏、気温が上がると杉板や土壁は乾燥して建物の熱気を放出し、自然の摂理を利用して
建物を湿気から守ってきました。

しかし現代の住まいでは冬を暖かく過ごすことを優先させ、気密、断熱性能を競うよう
になりました。壁には断熱材を詰め込み室内は気密性能を高めたサッシで外気を遮り、
夏も冬もエアコンによる快適さを追求してきました。結果、壁体内湿気、結露の発生に
よるアトピーやシックハウスの症状を生みだしたのです。

本来、高気密高断熱材料は北欧の乾燥地域で普及したもの。

日本特有の湿気の多い国ではそぐわない品物です。だからだと言って昔の建て方には
コストの面からでも戻れません。日本の木材を活用したすばらしい断熱材は開発されま
したが今のところ防火面で政府は認めません。

ではこの高温多湿の国、日本でどのような建て方がベストなのでしょう。

極めて単純な説明ですが「壁内を通気させる」ことに尽きます。
気密断熱性能を高めるほど壁内結露の危険は高まります。その解決方法は躯体を流れる
空気に触れさすこと。躯体内を乾燥させることで、シロアリも寄り付きません。
建物外部をしっかりと気密断熱材で包みながら、構造体と室内壁の間に空間(通気層)
を作り、基礎から壁内、小屋裏へと空気の流れる通気層を作るのです。
外気と室内の温度差による壁内結露を流れる空気層で取り除こうとするもの。

極めて単純ですがこの仕組みがベストなのです。