丈夫で長持ちする家

丈夫で長持ちする家とはどんな家でしょう。

骨組みをしっかり建てておくことも大切なことですね。

木造か鉄骨造か、をよく聞かれますがが理屈は簡単、例えば耐震性能等級3を満せば
どちらも性能は同じなのです。

この耐震等級証明がくせもの。等級3のお墨付きは設計審査を受け、設計通りの施
工をしたという検査を受けて間違いなければパスで貰える新築時の証明です。
この数値が30年先、50年先まで維持できるという耐震証明ではありません。

せっかく丈夫に建て、証明も貰った建物でも壁内結露の発生する仕組みの家では木は
短期間で腐食し、鉄骨は錆びてしまい耐震性能は著しく劣化するのです。

昨日モデルハウスに来たお客様のお土産に吉野桧の木片をビニールの小袋に詰め込ん
で持って帰ってもらいました。帰りの車の中の熱気でそのビニールに詰め込んだ吉野
桧はびっしょり汗をかいていたそうです。天然木は生きもの。空気が動かなければ
汗をかきます。熱伝導率が断トツに高い鉄骨ならなおさらのこと、ガラスのコップ
に冷たいビールを注いだ時のように一瞬にして内部は結露するのです。人間、血液が
流れて健康です。止まれば死ですよね。夏日はTシャツだけでも暑いですが
パタパタとTシャツを手で扇ぐと涼しくなりますね。反対にこの上にビニール袋1枚被
ったとしたらどうでしょう。汗びっしょりで辛抱できませんよね。家づくりはむづか
しく考えることはありません。理にかなったことをすればよいのです。

「骨組みを流れる空気に触れさせろ」が自然エネルギー云々の前に大切な家づくりの
基本であることに気づいてくれましたか。?