気になる建築費、中身が大事

 気になる建築費についての情報と家を建てる流れをお伝えします。

まずは建築費、一体どれくらい掛かるのでしょう。
一般的には坪いくら? という表現をします、ところがこれが案外むつかしいんですよね。

大きく分けて本体工事費というやつとその他の経費、これが本体に入っていたりいなかったり
で、会社によってばらばらが現状です。

もう一つのくせものは 建坪と単価です。70坪の家が坪50万円なら35坪になると倍の100万円
近くになってしまうマジック? これはマジックではなく実際のことです。

70坪の家でも50坪の家でも玄関、水廻り設備、経費はほぼ同じ数ですから50坪の家の方が高
くなるわけ、一般住宅会社の単価表示は建築坪数を大きくして坪単価を安く見せています。

例えば70坪で坪単価38万円となると35坪の家を建てようとすると38万円の倍で坪72万円位の
家になるという仕掛け・・・結構むつかしいですね。

ですから坪単価ではなく、本体工事額だけでなく諸経費も外構工事も含めて総額でいくら
掛かるか、とグロスで検討をする方が賢明といえますね。

大手ハウスメーカーの単価表と昔の金融公庫発表の大阪平均単価表を掲示しましたのでご参
考ください。