結露を防ぐ仕組みの家づくり

丈夫で長持ちのする家、それは耐震等級を高めた家ではありません。
太い柱を使った家でもありません。「躯体内結露を防ぐ仕組みの家」といえます。
なぜなら躯体内部の結露は金物を腐食させ、どんな太い柱でも腐食させてしまうから
です。

「家づくりは夏を旨とすべし、冬はいかようにも過ごせる」の名訓があるように高温
多湿の日本での建築は夏の湿気対策を第一に考えました。室内では障子や襖の引き違
い建具を使い天井と建具の中間には欄間と設けて室内空気の流れを確保していました。

外壁には杉板や土壁を多用することで湿気が多い季節になると杉板や土壁が水分で
膨張して建物内部への湿気の侵入を防ぎました。

夏、気温が上がると杉板や土壁は乾燥して建物の熱気を躯体内からの放出を助ける
役割をし、自然の摂理を利用して建物を湿気から守ってきました。

しかし現代の住まいでは冬を暖かく過ごすことを優先させ、気密、断熱性能を競うよ
うになり壁には断熱材を詰め込み、室内は気密性能を高めたサッシで外気を遮り夏、
冬エアコン消費電力の省エネを競っています。

気密性の高まりによる室内の換気、結露の対策には計画換気が取り入れられ室内の
空気環境は確保されたかに見えていますが、躯体内部の結露対策はどうでしょう。

どのハウスメーカーの住宅も「躯体内結露はしない」が前提となっています。
建築基準法では隙間相当面積の許容範囲を設けています。(例えば気密性が隙間相当
面積で5,0㎡/㎡など)これをクリアしていればいいと言うわけです、ではこんな例は
どうでしょう。例えば水槽の中で金魚を飼っているとしましょう。その水槽が少しの
隙間なら漏れてもいいのでしょうか。長年に渡って漏れるのですから水槽の水は確実
になくなり金魚は死んでしまうのです。

躯体内結露は少しの隙間でもあれば空気は侵入して発生します。
躯体内部の結露対策は机上の計算では成立しても現場施工状況の微妙な変化
(気象条件・施工精度)により躯体内結露の危険性は拭えません。

外張り断熱工法により気密、断熱性能を高めながら、躯体内空間を設けて基礎から
外壁、小屋裏へと建物全体を流れる空気に触れさすことで湿気や熱気を速やかに
排出する。この仕組みの家が丈夫で長持ち、しかもカビやダニなど浮遊菌の発生を
抑えてそこに住む人の健康も守ってくれるのです。