二つの結露

建物結露には二通りあります、表面結露と内部結露、室内結露と壁の中結露です。

室内結露は目で見てわかるし、ふき取ることが出来ますが壁の中は見えないし拭き取る
こともできません。シロアリやダニ、カビが発生して初めて解り、もう手遅れです。

室内結露の防止には各室の温度差を造らないこと、局所暖房はNG、家具は壁から
数㎝空て置きましょう。

では壁内結露対策は?室内結露対策と同じ手法で良いのです。

温度差を造らない、と云うことは壁内と室内の温度差を造らないことにも行き着きます。
家具は壁から数㎝空けて置く、は壁内の通気をするに行き着きます。
二通りある結露の対策は共通して温度差を造らない、風通しを良くするにあります。

特に大切なのは壁内結露、ちまたのハウスメーカーは高気密高断熱の家だから壁体結露
はしないと言い切りますが弊社では「壁内結露は避けられない」が家づくりの出発点。

設計図や机上の計算で結露皆無でも仕事をするのは現場です。雨の日もあれば湿気の
多い日もあり職人の技のバラつきも避けられません。

壁内に含まれて逃げ場を失た湿気はどこへ行くのでしょう。

流れる空気に触れさせる、この仕組みの壁内構造がすべてを解決してくれます。
人の身体が夏も冬も空気に触れることで快適であるように自然界の物体はすべて空気
に触れることで元気になっています。

息も出来ない高気密高断熱住宅は省エネには貢献しますが建物とそこに住む人の健康を
二の次にした手法と云えます。