住宅から結露をなくしましょう!

結露で悩まされる季節となりました。

建物の健康、身体の健康に住宅結露は最大の障害です。

その対策はいくつありますがランニングコストをかけないで社会環境に負荷をかけないで
しかも効果的な方法というと絞られてきます。

では例えば弊社の「暖家」はどうでしょうか。

1 建物の構造を室内空間と基礎、外壁空洞、小屋裏を一体空間外張り断熱とします。

2 冬季期間中(11月~3月頃迄)建物基礎下の地中に深夜電力を通電、蓄熱します。

3 冬季間中、昼間も夜間も基礎部の熱源をくまなく建物一体空間へと循環させます。

4 24時間強制換気は居室内で行なわず基礎部より熱交換と除塵、花粉除去を済ませて
 から各居室換気を行ないます。

5 冬季屋根から輻射熱を取り込む為の循環機を天井部に据付、壁内を循環させます。

6 夏季の場合、基礎部熱源は切断しますが地熱利用とその他のシステムは作動させ
 エアコン作動時間の底上げを行います。(28℃前後)

基本的な構造は以上になります。ではランニングコスト・イニシャルコスト・
社会環境への負荷、他社システムとの比較はどうでしょう。比較検討ともう少し詳し
く説明のために明日から上記6項目を項目順に検証していきましょう。