エアコンと地熱利用システムのコスト比較

注文住宅 コストを優先するなら…

きのうモデルハウスに来たお客様はこれからGEOを採用する予定の工務店さんでした。
早速「エアコンとGEOとどちらが安いですか」との質問を受けてました。

これは誰でもが聞きたいところですのでここでの僕の回答をブログで説明しましょう。

単当直入の答えはGEOの方が高いです。でもこの回答では不十分、どの事にも宛てはまる
と思うのですが「高い安いはそれを使う人の価値観で違う」と説明しました。

例えば天然の鯛と養殖の鯛はどちらが高いですかの質問の場合はどうでしょう。
養殖の鯛の方が安いく天然の方が高いです、でも価値観はどうでしょう。

それを食する人の価値観により天然の鯛の方が安くなり養殖鯛の方が高くなるんですね。
食した時の食感は言うまでもありませんが他に、狭い海水の中で化学飼料を与え除菌剤を
投入して大量に生産する養殖の鯛と荒波を泳ぎ回る鯛を身の危険を顧みず一本釣りで引き上
げる天然の鯛との価値観は明らか違いますね。

話は戻ってエアコンの話、涼しい事には変わりがありませんがその涼しさの価値観、
ビンビンと肌に突き刺さるような涼しさ自分が涼しくなった分だけ地球温暖化に手を貸す事
になる化石エネルギー消費型エアコン、さわやかな森の中にいるような涼しさ、熱源は地中
に無尽蔵の循環型エネルギー、どちらに価値観を見出すかは人それぞれに違いがあります。

コストを優先するなら化石エネルギー消費型エアコン、
住む人の健康、大げさですが地球の健康を考えるなら地熱利用循環型エネルギー利用でしょう。

これを一概してコストだけで説明するのには無理があるようにと工務店さんに答えました

いい家を安く建てたい

家は一番高い買物。フル装備売り出し、とか今なら00万円値引き、とかで購買欲を

誰でも「いい家を安く建てたい」と思います。そこでモデルルームでの体感、ホーム
ぺ―ジでの検索といろいろな方法で勉強なさるでしょう。ところがみんなもっともな
ことばかり書いてあっていろいろ資料を取り寄せるうちにどれがいい家なのか解らな
くなってしまうのではないでしょうか。そこで計画の前に自分にとっての「安くていい家
とはどんな家か」を整理しておきましょう。

まずは「予算ありき」ですね。「あれもほしい、これもほしい」の気持ちは解り
ますが誰でも予算というものがありますね。「建物のどこにどれくらいのお金をかけ
るか?」が「いい家がほしい」の出発点です。安いに越したことはないですが安くて
いいものが本当にあるのでしょうか?

四寸柱の丈夫な家、豪華な設備と見栄えのする外観、無垢素材の家、そして値段も格
安。でも安いと思って買ったのにクレーム続出では「安物買いの銭失い」になってし
まいますね。ここで注意したいのは目に見えるクレームは発見でき、直せますが重要
なのは目に見えないところのクレームのこと。壁内結露の問題です。窓ガラスな
ど室内の結露の発生にはこまめに拭き取ったり厚めのカーテン等で解決しますが
壁内の結露発生は目に見えませんね。躯体の腐食に起因するシロアリの発生、アレルギ
ー症候などの健康障害が発生してはじめて気が付くのですから始末が悪いです。

昔の隙間だらけの家では無かった壁内結露が最近の高気密高断熱住宅では極めて高い
確率で発生しています。「安い家」が実は取り返しの付かない「高い買物」になり兼
ねません。

話しを整理しますと「限られた予算をどう使うか」です。「予算の使いみちの順序」です
便利な設備やエコ機器を優先するか、目に見えないところにお金をかけるかです。
自らの判断でこの選択をするのが家づくりで最初のあなたの重要な選択といえます。

例えばゼロエネ電化機器、10年まだずにパソコン並みに価値がゼロでは困ります。
四寸柱で地震に強い家を建てても壁体内結露が起これば木は腐り鉄は錆びてしまい
躯体の初期の耐久性能は著しく低下します。

弊社では目に見えないところ(躯体)を最優先する家造りをしています。壁体内は結
露する、を前提に仕事をしています。壁体内結露を防ぐための壁体内通気と地熱利用で
す。そのための断熱・気密工法ですからエアコンの効率を高めて省エネを図ろうとする
他社とは高気密高断熱の目的が違います。まずは壁体結露を防ぐ家、省エネ、便利な設備、
自然素材の家づくりは順番でいうとその次といえます。

壁内結露のしない家は望ましいです、建物の耐久性にもそこに住む人の健康にも大きく
関わっているからです、でも最近の高気密断熱住宅では避けられません。

それを解決するのが弊社の壁体内通気の家です。夏日Tシャツの袖をパタパタと扇ぐと
涼しくなるように壁体内に空気の流れを造ることで壁内湿気を取り除き建物の健康と
そこに住む人の健康を約束できます。

家は一番高い買物。フル装備売り出し、とか今なら00万円値引き、とかで購買欲を
あおられ家づくりの一番重要なことを見失うことのないよう心がけたいものですね。

安くていい家、ありますか

貴方のライフスタイルを変えるだけで

この世の中、そんな旨い話はありません。
安い工務店を探しても無駄、安物買いの銭失いになるだけです。
では何処にあるのですか?  それは貴方自身の心構えにあります。
貴方が友人に「この家坪なんぼしたん?」と聞いたと仮定、「坪70万円かかった」の返事
だとすると、一坪小さければ70万円安くなる勘定すね、三坪小さければ210万円安くなる
理屈です。

どんなに探し廻っても210万円も安値引きしてくれる工務店はありません。
有るとすればそれは、安くて悪い家を建てる工務店と言えるでしょう。
ところが貴方のライフスタイルを変えるだけで210万円も安く建てられるます。

どんな方法で安く建つの?
先ずは小さく建てて広く使う、生活スタイルに変えましょう。
8の畳のリビングにソファー三点セットを置いたとすると、空間はほぼ半分の4畳になってし
まいます。子供部屋を勉強に集中する空間と考えるなら3畳から4畳で十分です。
コンパクトにまとめられた飛行機操縦室や有人宇宙ロケット室内を見習いましょう。
機能的で無駄が一切ないですね・・・

次にはDIYで建てる。
何もかも工務店に任せ切るのではなく、家族、友人も家づくりに参加しょう。
働きすぎてはいけない世の中、プロ並みの道具がコーナンなどで安く手に入る現代、
施工方法はネットを屈指すればなんでも教えてくれる時代に生まれた貴方達はラッキー。
あとは貴方自身がやる気になるか、ならないか、いい家を安く建てるにはあなた自身にある
といえそうですね。

僕とこのお施主様にはDIYで建てて来たひとは結構多いです。
次回のお施主様宅訪問企画に参加してその出来栄えを確かめてみては・・
結構参考になると思うよ・・・

1

国産木材利用ポイント4月1日スタート!

この4月1日から「木材利用ポイント」制度がスタートします。

この4月1日から「木材利用ポイント」制度がスタートします。

地域材(国産材)の利用促進による森林の適正な整備 ・保全、地球温暖化防止、循環型社会
の形成、地域経済の活性化を目指そうとするものです。

ポイント付与の対象は、木造住宅の新築や増築、内装、木製品、ペレットストーブ等で、製品
に使われている地域材の利用量に応じて付与される予定です。

ポイントが付与される製品は、木材・木製品製造業者、工務店等の施工業者等により供給され
る製品で、今から、具体的に発表される予定です。

交換レートは1ポイント1円相当。交換できるものは地域の農林水産品や旅行、商品券、プリペ
イドカードなど。他にも、森づくりや木づかいに対する寄付、住宅等の工事費用等への即時交
換などが検討されています。

常日頃からの社長のぼやきが効いてきたのでしょうかね( ´_ゝ`)ノ 
桜は満開、陽気はよくなり景気も良くなる・・・爽やかないい追い風ですね( ´∀`)つ

木材利用ポイントの詳細につきましては、下記のホームページ(林野庁)
http://mokuzai-points.jp/

又は下記へ電話連絡を行ってください。
※木材利用ポイントの問合せ窓口
コールセンター TEL:0570-666-799(土・日・祝日以外の午前9時~午後5時)
林野庁木材利用課木材利用ポイント推進室 TEL 03-3502-8111(内線6220)

2013年4月1日

構造見学会へのご案内

今、いい家を求めて弊社のモデルハウスを訪れる方の年齢層は30才代から40才代の方が大半です。そして土地もこれからで土地のある方は恵まれてラッキーと言えます。
住まいへのこだわりも共通していて自然素材、室内空気環境に関心があり皆様とても勉強していらっしゃいます。僕らはお客様から教わっている事柄がたくさんあります。でもお客様の知らない情報がモデルハウスにはありました。2011年06月18日

今、いい家を求めて弊社のモデルハウスを訪れる方の年齢層は30才代から40才代の方が大半です。そして土地もこれからで土地のある方は恵まれてラッキーと言えます。
住まいへのこだわりも共通していて自然素材、室内空気環境に関心があり皆様とても勉強していらっしゃいます。僕らはお客様から教わっている事柄がたくさんあります。でもお客様の知らない情報がモデルハウスにはありました。

それは体感することで身体でつかんだ情報です。五感でつかんで頂く知識です。
でももっと迫力のある体感があります。それが現場見学会です。
今日、明日と二日間箕面森町でお施主様のご協力を得て構造見学会を開きます。
建物の骨組みを全部見せます。
これは重要な情報です。
仕組みを人目で確認できます。
日本の木の香り、節目や木目のゆらぎを身体で感じ取ることが出来ます。
木の持つ温もり、ひんやりとした感触に触れることも出来ます。
これらはネットや本では理解できないことばかりです。
ぜひこの機会に体感をして下さい。待ってます!( -д-)ノ

2011年06月18日

許せる勇気ありますか?

マイホーム計画を始めましょう。
建売り住宅を買おうとしたり、ハウスメーカーのセットものを注文する場合と自分のこだわりの家を建てようとすることでは話しが進むにつれて大変なちがいがあることが解ってきます。
計画は追加、変更、増額、当初予算との開きが出てきます。計画はその都度出たり戻ったりして自分の思うようにはなかなか進みません。2011年06月12日

マイホーム計画を始めましょう。
建売り住宅を買おうとしたり、ハウスメーカーのセットものを注文する場合と自分のこだわりの家を建てようとすることでは話しが進むにつれて大変なちがいがあることが解ってきます。
計画は追加、変更、増額、当初予算との開きが出てきます。計画はその都度出たり戻ったりして自分の思うようにはなかなか進みません。
打合せは早くて週一度、月にすると4回位しかなくその内ショールームへいったりしていると1ヶ月くらいはすぐ経ってしまいます。あ~この3ヶ月何をしていたんや、こんないら立ちも出てきます。その不満はたいがい造り手側に向けられます。そして「こんなはずではなかった?」と不審、不満がつのります。

ここからが分かれ道となります。あきらめて別の工務店を探すのも一つの選択です。
一旦決めた工務店を信頼して追いて行くのも一つの選択。
信頼して任せられるとこちらも力が入ります。この施主様の望みをかなえたいと芯から思うようになり一生懸命はげみます。
発生したミスや誤りを追求するお施主様の気持ちは痛いほど解りますが許す気持ちも大切です。とことん追求すると男女間の仲と同じで話は破談まで行ってしまいます。
そうなると今までの努力は水の泡となり一からやり直しになるのです。
造り手は、よくあることと開きなおると気持は救われるかも知れませんが費用の負担は免れません。お施主様の方でも大変な労力と費用の無駄になるのです。
互いに追求姿勢、弁解姿勢から脱却して現在の状態を冷静に受け止めて前向きに対策を思考することで造り手側は誤りやミスを契機により真剣に取り組むようになりよい方向えと歯車は回っていくように思うのです。
お施主様の寛大な心が私たち造り手側の心を動かして歯車は間違いなくよい方向に動き、当初の計画は万難を配し実現してお施主様は満足して頂けると確信しています。

2011年06月12日

木と漆喰の家を安く建てる方法 11.4.3

木と漆喰の家をやすく建てる方法の一つに構造体(骨組み)の見直しがあります。
弊社の建物の特徴は二重通気工法です。
その理由の一つは見えない壁体内の土台、柱を流れる空気に触れさせ躯体を湿気やシロアリから守るためです。ではこの内壁を突破らしてしまったらどうでしょう。正倉院のように柱や梁を見えるようにするのです。2011年04月03日

木と漆喰の家をやすく建てる方法の一つに構造体(骨組み)の見直しがあります。
弊社の建物の特徴は二重通気工法です。
その理由の一つは見えない壁体内の土台、柱を流れる空気に触れさせ躯体を湿気やシロアリから守るためです。ではこの内壁を突破らしてしまったらどうでしょう。正倉院のように柱や梁を見えるようにするのです。湿気、シロアリ侵入はいつでも確認できます。シロアリの木を食べる音だって確認できます。コスト的には内装の大工手間、材料、クロス職人の手間が省けます。

次に外壁です。パワーボードやサイデングは使いません。外張り断熱材の外壁側に通気層を設け野地板の上に漆喰仕上を施すのです。
野地板はどんな化学材料の通気材よりも通気調湿性能は優れています。昔の建築中現場で見かけたラスと云う金網(ネット)と黒い紙が張られていた風景を思い出してください。要は昔の建てかたに戻すのです。日本特有の高温多湿の気候から編み出された手法は今見直されつつあります。
コストは目の先だけで判断するのではなく50年、60年と年月を経ることで本当の値打ちが出てはじめて安いことが解ります。

2011年04月03日

小さく建てて広く使おう

マイホームを計画すると、夢はどんどん広がります。今の生活の不自由さが今度こそはと次のマイホームに託されるのです。
お兄ちゃんの部屋、お父さんの書斎、私のユーテイリテイ―という風に、そして子供が巣立つと物置になってしまう。人事ではありません。我が家もその通りになって南側からの日差しはドアで閉ざされてほしい部屋へは届きません。こんな例はたくさん見受けます。2011年03月31日

マイホームを計画すると、夢はどんどん広がります。今の生活の不自由さが今度こそはと次のマイホームに託されるのです。
お兄ちゃんの部屋、お父さんの書斎、私のユーテイリテイ―という風に、そして子供が巣立つと物置になってしまう。人事ではありません。我が家もその通りになって南側からの日差しはドアで閉ざされてほしい部屋へは届きません。こんな例はたくさん見受けます。

間仕切りを造ると、良く使う部屋と使わない部屋ができ、そこにはすきま風も発生します。すきま風は体に不快感を覚えるだけでなく建物の健康にも悪影響を与えます。さらにはそこに住む家族のこころのすきま風をも引き起こしかねません。しかもせっかく大きく建てても小さく仕切ってしまえばせまい家になってしまうのです。
細かく仕切って「孤室」にこもってしまうのではなく、自由の動ける広い空間をつくり、もっとゆるやかに、おおらかに自由に家族が楽しみましょう。
「家族の成長とともに成長する家」を建てることで工事費は安くなりその分、構造、内装に予算が回せます。
子供が大きくなったら家具やロールカーテンで間仕切り、巣立ってからまた外す。そうすることで家中の風通しは良くなり、お日様もまんべんなく家中に差込みます。

「小さく建てて広く使う」はそこに住む家族の心の健康と身体の健康、建物の健康と財布にも、とてもやさしいのです。

2011年03月31日

木と漆喰の家を安く建てる方法 11.3.24

①小さく建てて広く使う。が第一でしょう。建築面積が小さい程、建築費が安いのは当然です。例えばリビング、広いリビングのソファーでゆったりと座り大画面のTVを見る、誰もが一度は夢みる風景ですがこのソファーには5人しか座れませんしソファー5点セットで3畳の面積を占めてしまいその分リビングは狭くなります。2011年03月24日

①小さく建てて広く使う。が第一でしょう。

建築面積が小さい程、建築費が安いのは当然です。例えばリビング、広いリビングのソファーでゆったりと座り大画面のTVを見る、誰もが一度は夢みる風景ですがこのソファーには5人しか座れませんしソファー5点セットで3畳の面積を占めてしまいその分リビングは狭くなります。
従来の生活概念、スタイルを見直すことで小さく建てて広く使う、は可能になります。メリットは他にもあります。建坪が小さいほど固定資産税も安くなりメンテナンスも少なくなります。庭が広くなってそこに菜園をしたり砂遊びやガーデング、ウッドデッキでバーベーキューを楽しんだりも出来ますね。

②間仕切りを少なくする。これで建築費は減らせます。

壁がなくなることでドアが要らなくなり、窓も減ります。コンセント、スイッチ、照明器具と減額の材料は増えるばかりです。メリットは他にもあります。太陽の光りを家の隅々まで取り込め、しかも家族の心と室内の風通しが良くなります。

③子供と一緒に生長する家。をコンセプトにしましょう。

人に配慮の出来る子、気遣いの出来る子は個室(孤室)では生まれません。骨組みをしっかり建てて、間仕切りはお子様の成長と共に市販の家具やブラインド、パーテイションで仕切っては如何でしょう。

④家づくりすべてをプロに任せず家族も参加します。

働きすぎてはいけない世の中、プロ級の道具が安く入る世の中、まさにDIYで家を造る時期到来といえます。
漆喰壁は家族、友人で塗りましょう。コテむらは家族の歴史です。お子さんの手形やサインも指先で書き込むことも出来ます。

⑤テーブルは家具屋で買うな。

社長の定説、材木屋で買う無垢の木は安いし調湿作用抜群です。せっかく無垢材で家を建てても家具、家電類から拡散するVOCが室内拡散すれば帳消しになります。カーテン、ソファーも化繊は避けましょう。ここからもVOSは拡散します。シックハウスはすぐ発症するのではなく長期に渡って除々犯されていくことを知るべきです。

⑥四角い家。

でこぼこの家は屋根瓦もでこぼこに切り刻んで葺かなければなりません。そのぶんコストも掛かるし雨漏れの危険な箇所が無数に出来ます。クロス屋さん左官さんの手間賃も高くなるし木材も高くなります。地震にも強いのはやっぱり四角い家です。

⑦開口部対策。

大きな窓は開放的で誰もが憧れます。でも夏冬年中を通して窓からの熱の侵入、冷気の侵入が建物のほぼ50%以上であることをご存知ですか?
開放的な眺めはひとときの時間、広い窓からのエネルギー損失は一年中としたらあなたはどちらを選択しますか。開口部対策はコストの面からだけではなく室内空気環境に大きく影響します。

家族、友人でわいわいがやがや楽しい思い出

 

2011年03月24日

いい土地がほしい

「いい家が欲しい」から入れる人はラッキーです。
いい家を求める人の大半が土地なしの人だからです。土地なしの人にはいい家を求める前にいい土地を捜すハードルがあります。このハードルを越える労力は大変です。2011年03月20日

「いい家が欲しい」から入れる人はラッキーです。
いい家を求める人の大半が土地なしの人だからです。土地なしの人にはいい家を求める前にいい土地を捜すハードルがあります。このハードルを越える労力は大変です。
順不同になりますが列記してみましょう。

まず住まいを構える地域と環境、交通便等がありますね。
学校区を気にする人もあるでしょう。
そして方位、南向きでそこそこ広い土地を求めます。
しかも安いに越したことはありませんね。
でも上記のような条件のそろった土地は安く手に入るでしょうか?

結論を急ぐようですが、「土地は安くは手に入らない」と決めてかかることです。
非情ですがあなたの手にはいい土地は安くは入りません。安い土地は業者が先に買ってしまうからです。業者が再販できないような価額の土地だから市場に回ってあなたに情報として流れてくるのです。土地に掘り出し物のなんて絶対に無いといっても過言ではありません。むしろ安い土地には見えない危険が潜んでいると見るべきです。土地情報は売り手側の情報です。売り手側に不利になる情報は流しません。
一生一代の大買い物をする訳ですから出来れば買い手側の立場のプロを味方に付けてすぐ相談できる準備をして置くと安心でしょう。

では話を戻して土地ありの人は本当にラッキーでしょうか。
一概にそうとは言えないのです。なぜなら自分の土地はすでに決められていて自由に選べられないからです。北向きであろうが間口が狭かろうが三角の地形であろうがそこで建てなければなりません。見方を変えれば土地無しの人は選択が自由である分チャンスを逃すことになっているといえます。
設計次第でその土地のデメリットを活かす方法があることを知るといいあなたにとってのいい土地はもっと早く見つかるはずです。
気に入った土地が見つかれば少々高くても手を打つべきです。建築費が足りなくなったらどうする。
建物はこれから建てて自分が住むわけですから残った予算内で自分が納得できる家は必ず建てられます。土地なしではどんな理想の家を想像してもそれは幻想ですよね。
いい家に住みたいならまず土地優先です。土地にはお金は惜しまない、極論ですが自分の土地なら家は如何ようにも建てられます。でも他人の土地ならコンテナさえ置かせてもらえないのです。

では足りなくなった建築予算でいい家をどうやって建てるかを検証してみましょう。

2011年03月20日