鉄筋コンクリートは最高の蓄熱体

最も気になるのは結露でしょう

コンクリートの家は地熱を取り込むことの出来る最高の蓄熱体です。

鉄筋コンクリート造の家で最も気になるのは結露でしょう、 窓ガラスにびっしり
と付く水滴、使っている部屋と使っていない部屋の温度差もストレスになります。

これらは解決の方法はないのでしょうか。

今回は鉄筋コンクリとの家と結露についての話をします。

鉄筋コンクリートの家とは建物の躯体を鉄筋とコンクリートで造り一部を開口して窓
をつくり通風と日差しを取り込む家です、したがって木造のように建物の外壁から隙
間風が入るようなことはなく気密の良い家といえます、でもこの気密の良さが災いし
て室内結露、湿気を引き起こしているのです。

寒い冬、外気はコンクリートの外壁を冷やします。室内では暖房しますね、この温度
差が結露の原因です、夏の場合はどうでしょう、外気温度が34℃とします、コンクリ
ートはおよそ50℃の熱源の固まりとなりエアコンで冷やされた空気に触れて夏でも
壁内結露を発生させます。

隙間だらけの従来の木造住宅では考えられなかった室内結露がコンクリート住宅と
最近の高気密断熱住宅ではあたりまえのように発生しているのはこのためです。

ここで断熱材が登場します。断熱工法には二通りあります。外張り断熱と内張り
(充填)工法です。内張り断熱とはコンクリートの室内側(木造では柱の間)に
断熱材を貼り巡らせその上にクロス等で仕上げる工法です。内張り断熱工法は机上
では隙間なく書けますが現場では施工のばらつきは発生します。断熱材に少しの隙間
があったとしても仕上げてしまえば中は覗くことは出来ません。断熱材でさえぎられ
たはずの熱気や冷気は室内の空気に直接触れて壁内結露の原因になるのです。(過去、
数多くの公社、公団住宅で実証されています)

一方の外張り断熱工法とはコンクリートの外壁側(柱の外側)に断熱材を張り巡らせ
る工法です。この工法には二つのメリットがあります、コンクリート壁を造る際の型
枠と一体で打ち込みますので隙間が発生しませんし、木造の場合は断熱材の仕上がり
を目視で確認することが出来ます。

もう一つはコンクリートの外側に断熱材を張ることでコンクリートへの外気温の伝わ
りを抑え、床下の地熱を効率よくコンクリートに蓄えることができます。
そのことで建物全体が大きな蓄熱体となり地熱を効率よく取り込めることで夏涼しく、
冬暖かい家が出来上がります。

弊社ではこの外張り断熱工法に加えてコンクリート壁に空気層を作っています。

基礎部から壁面、屋根裏へと流れる空気層を作り、一年を通して風を流します、そう
することで壁内結露を排出、夏冬一年を通して無尽蔵にある一定温度の地熱を建物外
周から室内側へと輻射させ室内温度の底上げを行いその分、エアコンの消費電力の削
減と室内腐朽菌、アレルギーの発生を抑えてそこに住む人の健康に役立っています。

コンクリート造の住まいのデメリットをメリットにかえる工法が弊社の特技です。

この工法は国土交通省が平成14年に建築した京都迎賓館で採用されています。
大阪のモデルハウスでRC構造で外張り断熱工法を採用しているのは弊社の箕面モデ
ルハウスハウスのみ、ぜひその実際を、見るのではなくあなたの五感で感じて欲し
いです。

他社とはここが違う

しみず工務店が断熱、気密、換気を重要視

例えば高気密、高断熱の家で温度設定28℃にすれば短時間で達成し節電にもなります。
でも24時間エアコン可動が前提? これが快適な住環境の実現とは云えません。

弊社では出来るだけエアコンを使わない、自然エネルギーで室内温度の底上げをして、なる
べくエアコンに頼る時間を短くしょうます、そうすると自然エネルギーのより効率的に取り
込む方法(或いは不効率)に神経をとがらすようになります。

力まかせの冷暖房に頼らない生活。爽やかで、時には寒い季節の風を感じる自然体の生活。

断熱気密材で自然との関りを遮断するのではなく太陽と地熱をうまく取り込んだ自然と共生
する生活スタイルに行き着きます。

弊社が断熱、気密、換気を重要視するのはエアコンの効率を高めるためではなく自然エネル
ギーをより効率よく建物内に取り込むためなのです。ここが他社との違いです。

快適な住環境の実現には断熱・気密・換気だけではありません。間取りの取り方、使い方、
開口部(窓)の大きさ、内装材、調度品などすべての要素がうまく関ることが重要です。

上記の重要性の概要を列記してみます。

①地熱・太陽熱をより効率よく建物内に取り込むために衣替えの出来る仕組みの採用。
※例えばインナーサッシ、暑い日差しの時は閉め切り暖かい陽だまりの欲しい時は開放
②壁内空洞を流れる空気に触れさすことで壁内湿気と有害化学物質を屋外へ排出。
③全熱交換空気循環型換気設備で建物丸ごと室温の均一化と各室の頭寒足暖化の実現。
④開口部対策、冷気、熱気の窓からの侵入率は家全体の50%前後を認識しての対策。
⑤個室は孤独、こころにすきま風も生む、広がりの空間と生活スタイルの見直し。
⑥自然素材の内装、調度品は贅沢ではありません、住む人の健康に欠かせないのです。

この6つの項目を実現可能にするために断熱、気密、全熱交換型換気が最重要と考えます。

冬、窓からの熱損失を防ぎながら太陽熱は取り込む。注文住宅

躯体の仕組み、システムの選択とともに建物の素材、間取り、生活スタイルが連携

冬の窓からの熱損失は家全体のほぼ48%になり次世代省エネ体策として冬の熱損失対策
の基準値を定めていますが冬の太陽熱を取り込もうとする体策は今日まで取り入れてい
ません。

真冬でも太陽が照っていると外壁空間、瓦棒屋根下地の空間温度は40℃~50℃という驚
くべき温度になっていることがあります。

外は冷たい風が吹いてもお日様が照っていればシャッター雨戸と窓ガラスの空間は40
℃前後になることもあります。

この自然エネルギーを次世代省エネ基準による熱遮蔽体策で遮ってしまうのはあまりに
ももったいないと言えます。

弊社の二重通気工法では40数年前からこの冬の太陽エネルギーに注目、壁空間小屋裏空
間から太陽熱を取り込むシステムを採用すると共にに窓からの日射取得も提案していま
す。

弊社では夏冬、夜昼、日の照る日、曇りの日ごとに建物まるごと(サッシも含めて)
衣替えをして自然エネルギーをきめ細かく建物内に取り込む提案を熱心に行っていま
す。躯体の仕組み、システムの選択とともに建物の素材、間取り、生活スタイルが連
携し、自然の摂理に則った方法を見失わなようにしています。

健康で快適な室内環境の目安は? 

冬の室内における温度、湿度、空気

住まいは日常生活のベースとなる器です。暑さ、寒さを気にすることなく、いやな匂いや
結露に悩まされることなく爽やかな室内環境の中で元気をもらえる事が基本です。

では冬の室内における温度、湿度、空気の清浄さ、空気の流れの速さについての目安は?

①冬の室温は? いちがいには云えませんがおよそ20℃前後に保たれていれば充分です。

・足元が寒く、天井付近が暖かいということがないようにする。
 足元と天井の温度差は1℃~2℃位の差で足元の方が高いことが望ましいです。
・家全体の室温にむらをなくすこと。室内で部分的に冷たい所があると結露、カビなどの
原因になります。部屋ごとの温度差は最高でも3℃~4℃以内であること。
・一日を通しての温度変化(日中と夜間)も4~5℃以下であること。

弊社の空気循環システム(※)は建物全体の空気を循環させますので温度差は減少、更に
全熱交換型換気設備によって外気の冷気を排気室温と熱交換してから各室へ送風するので
室内温度の低下を防ぎます。ニュー暖家を採用すると約1℃の差で頭寒足熱が実現します。

②冬の室内湿度は? 健康的で快適な湿度の状態とは、絶対湿度(※参照)はおよそ1㎏の
空気中に水蒸気が5~7.3g程度含まれているのが望ましい状態です。

相対湿度でいうと、例えば室温18℃の時39~57.5%位の範囲、温度20℃の時では35%~50%
位の範囲ということになります。

湿度がこれ以上になると窓面や暖房のない部屋などで少し温度が下がると結露しやすくなっ
たりカビが発生しやすくなります。逆に湿度が低く、空気中の水分が5g/㎏以下になると
乾燥しすぎの感じになり、のどがカラカラになったり肌が荒れやすくなったりします。

「絶対湿度・相対湿度」とは 空気中の水蒸気は温度が変化すると含まれる量も変化します。

温度変化によって変わる湿度を「湿度00%で表したのが「相対湿度」空気中の湿度を正確に
知ろうとすると、空気中に含まれる水蒸気の量で表す「絶対湿度」で考えなければいけません。
(※)弊社の全熱交換型換気システムは除湿、加湿作用で室内湿度の調整を図れます。

③空気清浄は? 適切な換気によって二酸化炭素・一酸化炭素・建材等から出る有害物質・
生活臭等が排出されることが大切です。
(※)弊社の全熱交換換気設備・空気循環器にはフィルターが標準装備されていて除塵・花粉
を90%以上除去し、揮発性拡散有害物質は換気設備・空気循環機を通じて屋外へ排出します。

④空気の流れの速さは? 換気を行うと室内の空気は移動します。この速度が速すぎると寒く
肌に感じ不快な環境となります。移動する気流の速さは0.15m/秒以下が望ましいです。
(※)弊社の空気循環機は夏季、冬季ファンを強弱することで空気移動速度を調整して快適
な室内環境を確保します。

広がりの空間、冬の陽だまりを取り込む 注文住宅 

自然の恵みを建物内にパッシブに取り込む工夫をすることで住み心地のいい家となって結果、省エネに。

一般的に住まいを建てる計画をしたとき将来のことも考えて間取りをつくります。

子供の成長を考えて南側に面して子供の人数だけの部屋を造る場合もあります。

この場合通常、プライバシーを守るという名目で壁とドアで仕切られた個室となります。

南の窓は子供部屋に占領されてお日様は子供だけのものになってしまい将来、子供が成長
して家を出れば物置の間になって太陽の光はさえぎられたままになってしまいます。

開かずの間は結露と腐朽菌のたまり場になり建物とそこに住む人の健康を蝕む危険性を膨ん
でくるのです。

プライバシー優先、個室志向は幼い子供に様々なこころの弊害を引き起こしています。

もしこの子供部屋の間仕切り壁とドアを無くして書棚で仕切ったとしたら、
太陽の恵みは家全体に貰えます。

明るくて風通しの良い家になります。

子供は背中に家族の気配を感じながら勉強をするでしょう。
お兄ちゃんの勉強に邪魔にならないよう気くばりをしながら遊ぶでしょう。

幼い頃から広がりの空間で家族への気配りをしながら成長する子と個室に篭って人への配慮
も知らないで成長していく子とでは将来の人格形成に影響が出てくるように思います。

こうして考察するとひろがりの間取り造りは建物の耐久性ととそこに住む人のこころと体の
健康にもとても大切な事だということがわかるような気がするのです。

無理やり省エネ住宅を建てようとこだわるのではなく、自然の恵みを建物内にパッシブに
取り込む工夫をすることで住み心地のいい家となって結果、省エネにつながると思います。

頭寒足熱が省エネ健康住宅の極み

温度のバリアフリーはあまり話題にさえなっていません。ところこの温度の段差(ヒートショック)での

段差解消のバリアフリーは行政の補助金制度もあってかなり行き渡っています。
でも温度のバリアフリーはあまり話題にさえなっていません。ところこの温度の
段差(ヒートショック)での事故死は交通事故死のおよそ3倍弱、2月から3月にか
けて入浴中の死亡例が最も多いと云われています。

冬の寒い日にヒートショックが起きやすい場所は、浴室とトイレ室。脱衣所や浴室
の室温と湯の熱さとの温度差はなんと30℃。冬の朝、暖かい布団の中から真っ先に
行く先はトイレ、このトイレの室温は外気とほぼ同じに温度に下がっていて布団と
の温度差はおよそ35℃、ここにもヒートショックの危険が潜んでいます。

もう一つ危険なのは床暖房です。気持ちよさそうに寝そべる赤ちゃんのコマーシャル
を見て憧れる床暖房にもヒートショックの危険が潜んでいます。

つま先の毛細血管が26℃以上に暖められたフローリングから冷え切ったフローリン
グに触れた時、血管は収縮して脳血栓の危険があります。仮りに全室床暖房して
いる家があったとしても押入れやクローゼットの中までは行っていないでしょう。
床暖房をしている部屋の暖気は冷たい箇所へと移動を始めます。その温度差が露点
(結露する温度差)に達すると冷たい箇所で表面結露が発生します。

結露による浮遊菌をえさにダニが繁殖しそこに住む人に悪さをします。
昔の日本に言葉さえなかったシックハウス症候群やヒートショックは気密断熱材で
建物を密閉してしまった近代日本の住まいが引き起こす現代病といっても過言では
ありません。

寒いから暖めるは非常識、隙間風を無くして頭寒足熱の室内環境を造ること、家まる
ごと温度差を少なくすることで寒さを感しなくなり、化石エネルギーもその分消耗し
ません。

建物の健康とそこに住む人の健康はこのような家で育まれす。

結露を防ぐ仕組みの家づくり 

この仕組みの家が丈夫で長持ち、しかもカビやダニなど浮遊菌の発生を抑えてそこに住む人の健康も守ってくれると考えます。

丈夫で長持ちのする家、それは耐震等級を高めた家ではありません。
太い柱を使った家でもありません。「躯体内結露を防ぐ仕組みの家」といえます。
なぜなら躯体内部の結露は金物を腐食させ、どんな太い柱でも腐食させてしまうからです。

「家づくりは夏を旨とすべし、冬はいかようにも過ごせる」の名訓があるように高温多湿の
日本での建築は夏の湿気対策を第一に考えました。室内では障子や襖の引き違い建具を使い
天井と建具の中間には欄間と設けて室内空気の流れを確保していました。外壁には杉板や
土壁を多用することで湿気が多い季節になると杉板や土壁が水分で膨張して建物内部への
湿気の侵入を防ぎました。夏、気温が上がると杉板や土壁は乾燥して建物の熱気を躯体内
からの放出を助ける役割をし、自然の摂理を利用して建物を湿気から守ってきました。

しかし現代の住まいでは冬を暖かく過ごすことを優先させ、気密、断熱性能を競うように
なりました。壁には断熱材を詰め込み、室内は気密性能を高めたサッシで外気を遮り夏、
冬エアコン消費電力の省エネを競っています。気密性の高まりによる室内の換気、結露の
対策には計画換気が取り入れられ室内の温度環境は確保されたかに見えています。

(ここでは「室内暖房方法」が大きく関係してきます)一方、躯体内部の結露対策はどう
でしょう。

どのハウスメーカーの住宅も「躯体内結露はしない・させない」が前提となっています。

建築基準法では隙間相当面積の許容範囲を設けています。(例えば気密性が相当面積で
5,0㎡/㎡など)これをクリアしていればいいと言うわけです,ではこんな例はどうでしょう。

例えば水槽の中で金魚を飼っているとしましょう。その水槽が少しの隙間なら漏れてもいい
のでしょうか。長年に渡って漏れるのですから水槽の水は確実になくなり金魚は死んでしま
うのです。躯体内結露は少しの隙間でもあれば空気は侵入して発生します。

躯体内部の結露対策は机上の計算では成立しても現場施工状況の微妙な変化(気象条件・
施工精度)により躯体内結露の危険性は拭えません。弊社では「躯体内結露は発生する」
を前提に取り組んでいます。

外張り断熱工法により気密、断熱性能を高めながら、躯体内空間を設けて基礎から外壁、
小屋裏へと建物全体を流れる空気に触れさすことで湿気や熱気を速やかに排出する。この
仕組みの家が丈夫で長持ち、しかもカビやダニなど浮遊菌の発生を抑えてそこに住む人の
健康も守ってくれると考えます。

温度のバリアフリー

温度のバリアフリーはあまり話題にさえなっていません。ところが

段差解消のバリアフリーは行政の補助金制度もあってかなり行き渡っています。

でも温度のバリアフリーはあまり話題にさえなっていません。ところが東京都老人
研究所の年間の推計によるとこの温度の段差(ヒートショック)での事故死は交通
事故死のおよそ3倍弱、特に12月から3月にかけての入浴中の死亡例が最も多いと
発表しています。

冬の寒い日にヒートショックが起きやすい場所は、浴室とトイレ室。脱衣所や浴室の
室温と湯の熱さとの間の温度差はなんと30℃。冬の朝、暖かい布団の中から真っ先に
行く先はトイレ、このトイレの室温は外気とほぼ同じに温度に下がっていて布団との
温度差はおよそ35℃、ここにもヒートショックの危険が潜んでいます。

もう一つ危険なのは床暖房です。気持ちよさそうに寝そべる赤ちゃんのコマーシャル
を見て憧れる床暖房にもヒートショックの危険が潜んでいるのです。つま先の毛細血
管が26℃以上に暖められたフローリングから冷え切ったフローリングに触れた時、
血管は収縮して脳血栓の危険があるのです。仮りに全室床暖房している家があった
としても押入れやクローゼットの中までは行っていないでしょう床暖房をしている
部屋の暖気は冷たい箇所へと移動を始めます。その温度差が露点(結露する温度差)
に達すると冷たい箇所で表面結露が発生するのです。結露による浮遊菌をえさにダニ
が繁殖しそこに住む人に悪さをします。昔の日本に言葉さえなかったシックハウス
症候群やヒートショックは気密断熱材で建物を密閉してしまった近代日本の住まいが
引き起こす現代病といっても過言ではありません。

寒いから暖めるは間違いです、暖めるのではなく頭寒足熱の室内環境にすることで
室内温度が17℃か18℃でも室内空間は快適でとても過ごしやすくなります。

地熱だけで冬過ごせますか?

GEOパワーシステム、ニュー暖家、エコ澄家は深夜電力を使って補助暖房していますが

地熱だけでこの冬過ごせますか? の質問には残念ながらNOと云わざるを得ません。

外気温4℃でも地中熱は15°~18°地表で熱損失をしても14°位になりますから暖かいと
は云えません。

でも室内には生活熱があり、昼間の窓からの陽だまりを取り込むとあと少しの暖房で寒くない
室内環境を造ることが出来ます。

GEOパワーシステム、ニュー暖家、エコ澄家は深夜電力を使って補助暖房していますが
上記システムに共通しているのが床下からの室内暖房です。

床下から暖気を上昇させることで1階床面」の押入れから、トイレ、浴室、玄関まで

平均して温めることが出来ますので室内温度19°位でも寒くない環境となり室内結露の心配
からも解放され、光熱費の削減とそこに住む人の健康にとても良い室内環境となります。

住宅から結露をなくしましょう!

建物の健康、身体の健康に住宅結露は最大の障害です。

結露で悩まされる季節となりました。

建物の健康、身体の健康に住宅結露は最大の障害です。

その対策はいくつありますがランニングコストをかけないで社会環境に負荷をかけないで
しかも効果的な方法というと絞られてきます。

では例えば弊社の「暖家」はどうでしょうか。

1 建物の構造を室内空間と基礎、外壁空洞、小屋裏を一体空間外張り断熱とします。

2 冬季期間中(11月~3月頃迄)建物基礎下の地中に深夜電力を通電、蓄熱します。

3 冬季間中、昼間も夜間も基礎部の熱源をくまなく建物一体空間へと循環させます。

4 24時間強制換気は居室内で行なわず基礎部より熱交換と除塵、花粉除去を済ませて
 から各居室換気を行ないます。

5 冬季屋根から輻射熱を取り込む為の循環機を天井部に据付、壁内を循環させます。

6 夏季の場合、基礎部熱源は切断しますが地熱利用とその他のシステムは作動させ
 エアコン作動時間の底上げを行います。(28℃前後)

基本的な構造は以上になります。ではランニングコスト・イニシャルコスト・
社会環境への負荷、他社システムとの比較はどうでしょう。比較検討ともう少し詳し
く説明のために明日から上記6項目を項目順に検証していきましょう。