断熱材の仕組みと効用は?

住宅断熱施工の目的は外気の暑さ、寒さの影響をなるべく小さくして、室内環境を一定に
保つために施す、というのが一般的ですね。

その断熱材は熱の流れを断ち切るのではないく、高い方から低い方へ熱エネルギーが移動
を遅らせているだけで最終的には同じ温度になろうとする性質があります。

高性能断熱材とは最終的に同じ温度になろうとする時間をより遅らせるだけ、といえます。

どんな性能の良い断熱材でも熱抵抗が大きいというだけで熱すべてを遮断してくれるわけで
はありません。断熱材を通り抜けた熱は除々に室内に入ってきます。

「断熱材」は言い換えると「蓄熱材」「保温材」と言えるのではないでしょうか。

「断熱材」は熱の流れを断ち切るのではなく、内と外との温度差を性能の良い分だけ緩やかに、
時間を掛けて解消しているだけ、断熱性能の高い断熱材ほど夏は熱を室内に長時間伝わろうと
するだけ、言い換えれば断熱材を分厚くするだけでは夜、外気温は低くなっているのに室内は
サウナのように暑い、この現象の解決にならないばかりではなくより助長して
いると云えそうです。