鉄筋コンクリートは最高の蓄熱体

コンクリートの家は地熱を取り込むことの出来る最高の蓄熱体です。

鉄筋コンクリート造の家で最も気になるのは結露でしょう、 窓ガラスにびっしり
と付く水滴、使っている部屋と使っていない部屋の温度差もストレスになります。

これらは解決の方法はないのでしょうか。

今回は鉄筋コンクリとの家と結露についての話をします。

鉄筋コンクリートの家とは建物の躯体を鉄筋とコンクリートで造り一部を開口して窓
をつくり通風と日差しを取り込む家です、したがって木造のように建物の外壁から隙
間風が入るようなことはなく気密の良い家といえます、でもこの気密の良さが災いし
て室内結露、湿気を引き起こしているのです。

寒い冬、外気はコンクリートの外壁を冷やします。室内では暖房しますね、この温度
差が結露の原因です、夏の場合はどうでしょう、外気温度が34℃とします、コンクリ
ートはおよそ50℃の熱源の固まりとなりエアコンで冷やされた空気に触れて夏でも
壁内結露を発生させます。

隙間だらけの従来の木造住宅では考えられなかった室内結露がコンクリート住宅と
最近の高気密断熱住宅ではあたりまえのように発生しているのはこのためです。

ここで断熱材が登場します。断熱工法には二通りあります。外張り断熱と内張り
(充填)工法です。内張り断熱とはコンクリートの室内側(木造では柱の間)に
断熱材を貼り巡らせその上にクロス等で仕上げる工法です。内張り断熱工法は机上
では隙間なく書けますが現場では施工のばらつきは発生します。断熱材に少しの隙間
があったとしても仕上げてしまえば中は覗くことは出来ません。断熱材でさえぎられ
たはずの熱気や冷気は室内の空気に直接触れて壁内結露の原因になるのです。(過去、
数多くの公社、公団住宅で実証されています)

一方の外張り断熱工法とはコンクリートの外壁側(柱の外側)に断熱材を張り巡らせ
る工法です。この工法には二つのメリットがあります、コンクリート壁を造る際の型
枠と一体で打ち込みますので隙間が発生しませんし、木造の場合は断熱材の仕上がり
を目視で確認することが出来ます。

もう一つはコンクリートの外側に断熱材を張ることでコンクリートへの外気温の伝わ
りを抑え、床下の地熱を効率よくコンクリートに蓄えることができます。
そのことで建物全体が大きな蓄熱体となり地熱を効率よく取り込めることで夏涼しく、
冬暖かい家が出来上がります。

弊社ではこの外張り断熱工法に加えてコンクリート壁に空気層を作っています。

基礎部から壁面、屋根裏へと流れる空気層を作り、一年を通して風を流します、そう
することで壁内結露を排出、夏冬一年を通して無尽蔵にある一定温度の地熱を建物外
周から室内側へと輻射させ室内温度の底上げを行いその分、エアコンの消費電力の削
減と室内腐朽菌、アレルギーの発生を抑えてそこに住む人の健康に役立っています。

コンクリート造の住まいのデメリットをメリットにかえる工法が弊社の特技です。

この工法は国土交通省が平成14年に建築した京都迎賓館で採用されています。
大阪のモデルハウスでRC構造で外張り断熱工法を採用しているのは弊社の箕面モデ
ルハウスハウスのみ、ぜひその実際を、見るのではなくあなたの五感で感じて欲し
いです。