注文住宅 LCCOM住宅をめざすなら木と漆喰の家

LCCOM住宅をめざすなら木と漆喰の家でいいのではないですか?

薪ストーブがあればもっといい!!
木と漆喰の材料は自然から授かります。解体すれば土に戻りますし薪ストーブの焚き火が
出す二酸化酸素はもともと空気中にあったものを木が吸い吐き出したもの、プラマイゼロ
で再生エネルギーの見本のようなもの。

偉い人が家づくりを難しく考えるのは自由だけれど人参ぶら提げて無理やり自分の意向に
引き込むのはどうかと思いますけどね・・・負け犬の遠吼え?年寄りのひがみですかな?

では、今から住宅を建てると言う方は、将来、来るであろうLCCM住宅が一般的となる日
に備えて、どんな住宅を建てておくべきかと言う事なのですが、優先順位の高いものから
列記しておきます。

優先順位1:予算の許す限り高気密高断熱住宅、内装には自然素材を多用しておくこと
優先順位2:太陽と地熱、自然エネルギーを建物に取り込む仕組みの家にしておくこと
優先順位3:1将来、太陽光発電が載せられるような構造としておくこと

が、優先順位の上位を占めます。
効率の良いエアコンや、給湯器、ヘムズ採用などももちろん可能な限りすべきなのです
が、それらは、将来的に据え変える事も可能です。

内装材に自然素材を多用することで素材の持つ天然の調湿、滅菌作用が全室24時間くま
なく電気代、メンテなしで作動します。
太陽と地熱は無尽蔵にあります。ダイレクトにそのまま使うことがエコにつながります
そうすることで、冷暖房、空気清浄に掛かる省エネを簡単に実現出来るようになります。
シミュレーションでは、Q値=1.0を切れば暖房に必要なエネルギーは効果的に下がり
ますね。