基礎換気の疑問に答えます

しみずの注文住宅は外張り断熱が基本です

基礎換気口を塞いでしまったら床下湿気はどうなるの?

しみずの家は外張り断熱が基本です。建物本体と基礎部を断熱材で切り離すのではなく
一体として外周を基礎部も含めてすっぽり断熱する方法を取っています。

基礎床土間にはソイルカバー(土中の湿気を抑え込む)を敷き詰めコンクリートで固めます。

換気口を閉めることで外気湿気の侵入を抑えます。

基礎部は上部室内と一つの空間となります。基礎部の換気は各室に設けられた24時間第一種
換気と床下から壁内通気層と小屋裏へ流れる空気層を設けることで基本的に床下湿気は発
生しない構造になっています。

たとえ停電して機械換気が作動しなくなっても暖気は上昇、冷気は下降するという自然摂理
を利用してしみずの家は床下から壁、壁から天井へと空気は循環して湿気を取り除く仕組
みになっています。

ところが先日お引き渡ししたGEOパワーのお施主様から、床下に湿気が溜まると苦情があ
りました。原因を調べている内にこの家は省令準耐火地域で壁の中を通気出来ない構造に
なっていたのが湿気の溜まる一つの原因と解りました。

世界的にまれな日本特有の高温多湿の国で通気できない家を省令するお上の制度(2x4住宅を
奨励する法律?)には疑問を呈しますが法律ですから従わずには往きません。

この問題解決のために床下の通風ファンを設けて1階居室と床下空間を同じ空気環境になる
ようにしました。

地下5mには18°前後のエネルギーがあります。地上に近くなると熱損失をしても外張り
断熱施工された床下では30°前後のエネルギーがあります。

このエネルギーをダイレクトに室内に取り込む、これがしみずの家づくりのベースです。
空間の温度は30°前後です。この夏、床下から30°前後の空気を取り込めるのは

建物空気循環で頭寒足熱を実現!

弊社の注文住宅は床下暖房は基礎の下の地中に仕込みます。

足元を温め、頭を冷やすと身体は暖かく感じることは知っていますよね。

室内ストーブをつけると足元がすーすーして頭ばかりがあったかくなる、こんな不快な経験
は誰にでもありますね。26℃でも寒い家、19℃でも暖かい家の原理はここにあります。

暖気は上昇、冷気は下降する、の原理です。弊社の床下暖房は基礎の下の地中に仕込みます。
基礎下の地中に深夜電力で蓄熱されたエネルギーは日中、ゆるやかに家全体の下から上へと
上昇します。

床面温度はおそそ19℃~20℃までで頭上では18℃から19℃、この差1℃前後、このわずか1℃
の頭寒足熱の差が体に暖かく感じさせるのです。これには仕掛けがあります。

床下から屋根裏までの間を空気が循環する仕掛けです、何の事ない、極めてアナログ、径200
程度のファンを小屋裏に取り付けて24時間床下と循環することで頭寒足熱の空気環境を造り
だしているのです。

省エネ対策とは、大掛かりな機械に依存しないことが大前提、新しい機械を開発するのでは
なく、今あるもの、これからも変わらず使い続けられるものを利用することが本当の
省エネではないでしょうか。

流れる自然の風がほしい

高温多湿の日本の家づくりでは、快適な暮らしのためには通風が最も大事。

高温多湿の日本の家づくりでは、快適な暮らしのためには通風が最も大事。

ところが最近の家の間取りつくりでは開放的な窓には関心があっても風通しのことをあまり
考えない風潮があります。強制機械換気がある、エアコンで調整できる、がその理由です。

お日様が陰って外気が涼しくなった時は室内の気温の方が確実に高いです。
そんな場合は一気に窓を開けましょう。2時間に1回の強制換気では熱気を含んだ室内は涼し
くはなりません。窓開放が一番!・・・けれど汚れた外気が入るのが心配? 

その通り、この場合は花粉や粉塵も同時に入れてしまうことになります。これどうする・・

弊社の第一種機械換気設備にはpm2,5(0,3ミクロン以上)80%以上する除去する高性能フィ
ルターが付いています。それだけではありません、
24時間循環する高性能フィルター付きファンをもう一つ室内天井部に取り付けています。
このファンの働きで玄関や窓、洋服と共に室内に入ってしまった汚染物質を取り除く事が
できます。

風通しの良い家にするためには取り付ける窓の位置も重要です。
弊社では「サブとメインの窓」と言う表現をしています。
室内には二つの窓を設けますが一つは採光目的、もう一つは風通しのためだけ、大きい窓
と小さい窓の二つがセット。リビングとかホールなど共用部分には吹抜け天窓、高窓、
地窓をセットに床から天井への縦の風通しを考えて窓を造っています。

自然エネルギー利用の家では開口部対策がとても大切な要素です。

壁内結露を防ぐもう一つの方法

見えない壁内の結露を防ぐには流れる空気層を造ること。では他には方法ないのでしょうか。いいえ長期優良住宅六つの条件を満たすピッたしの方法があります。
ヒントは古民家。柱、梁が丸見えの家です。皆さんは田の字の家、をご存知ですか?
2011年11月16日

見えない壁内の結露を防ぐには流れる空気層を造ること。では他には方法ないのでしょうか。いいえ長期優良住宅六つの条件を満たすピッたしの方法があります。

ヒントは古民家。柱、梁が丸見えの家です。皆さんは田の字の家、をご存知ですか?

文字どおり田の字の間取りの家を云うのです。大黒柱を中心に梁は四方に巡ります。
仕切りは襖です。普段は襖で四つの部屋に仕切り、大空間が欲しい時には襖を取り払います。僕がくどいほどブログで云っている小さく建てて広く使う、の原型ですね。

柱、梁は丸見え、シロアリの発生も腐れもすぐ発見できますし、取替えも極めて簡単、その部分だけ切り取って交換が出来る。壁内結露の心配は全くありません。先人の匠の知恵には敬服するのみです。今公開中の正倉院宝物を守って来たのは校倉式の建物。杉や桐、桧の無垢表しの木が何百年と宝物を守ってきました。

お上の中途半端な、場当たり政策とは大きな隔たりがあるように思いませんか。
今週の土日は大阪耐震博覧会、この場で弊社は本物の長期優良住宅、古民家現代版を紹介します。乞うご期待!

2011年11月16日

住まいの気密断熱化は身体にいいのか

高温多湿の国、日本で生まれた伝統の木造建築は夏を旨とした開放的な構造でした。
「冬はいかようにも過ごせる」を旨とし、建物を湿気や腐朽菌から守って長持ちさせる工夫をしてきました。2011年07月27日

高温多湿の国、日本で生まれた伝統の木造建築は夏を旨とした開放的な構造でした。
「冬はいかようにも過ごせる」を旨とし、建物を湿気や腐朽菌から守って長持ちさせる工夫をしてきました。
住宅暖房に化石燃料が取り入れられるようになってからは隙間の多い家で暖房能力を高めても、隙間から冷気が侵入して暖房機の近くでしか暖かくならない。床下付近と天井付近の温度差も大きく不快で健康上も望ましくない。省エネ対策には気密断熱が欠かせない。

こうした住宅環境の変化の中で住宅の造りようは「冬型」となり断熱と気密化の路線を走ることになったといえます。
「断熱性と気密性を高めて熱が逃げるのを防げば、家中がまんべんなく暖められ、快適な空気環境が得られる。室内空気の不純物は計画換気で補うことで省エネになる」
上記の路線を走っている日本の住まい省エネから新省エネ、次世代所エネ基準と高い基準を求める余り、人の住む家が精密機械や野菜を格納する物流倉庫のようになってしまうのではないかと危惧するこのごろです。

2011年07月27日

高気密高断熱住宅のデメリットを知りましょう

高気密高断熱住宅のメリット、デメリットを考えて見ましょう。
冬は小さな熱エネルギーで家中暖かくなりメリットはありますが夏はどうでしょう。
日中34℃前後の外気熱は断熱材に長時間溜め込まれて気密された住宅の中へ除々に輻射しはじめます。家の中はサウナ状態の熱帯夜。そこでエアコンの登場です。
気密断熱住宅ですからエアコンは抜群に効果を発揮します。寒くなったら暖房、暑くなったら冷房、ここで年中エアコン依存の生活スタイルの完成です。エコ・エアコンはコンピューターによる温度管理をしてくれます。家はまるで精密機器を保管する倉庫のようになってしまっています。その中で生活する人間は健康的でしょうか。
冬、身体の芯まで冷え込んだ身体の表面にエアコンは暖風を吹きつけます。夏、身体の芯からサウナ状態にほてった身体に冷風が吹き付けられます。その場では涼しく感じますが身体の芯が暑いのに身体の表面が寒い、冬は身体の芯から寒いのに表面だけ暖かいという、相反する感覚が何回も起こると自律神経が混乱して体温調整が出来なくなることにもなりかねません。特に幼児の場はどうでしょう。幼児の汗腺の発育は3才までに決まると言われています。エアコンづけの「快適空間」で汗をかかなくなった幼児が汗腺の発育障害で体温調整機能が低下して冬、風邪を引きやすく、夏、熱中症で倒れるというケースはめずらしくなくなっています。震災仮設住宅でのエアコン可動による健康障害は気密断熱住宅の典型的弊害といえます。

政府、ハウスメーカーがこぞって推奨する高気密高断熱住宅はその言葉通り気密断熱材で住宅を包み込みエアコンの効率を高めて省エネを図ろうとするもの。一方弊社の高気密高断熱住宅は地熱・太陽熱の輻射熱をより効率よく建物内部に取込みエアコンにできるだけ頼らない生活スタイルにして省エネを図りながらそこに住む人の健康と建物の耐久性も高めようとするもので同じ気密断熱住宅ですがその目的がはっきりと違います。

2011年07月29日

壁内通気の大切さ

壁内通気はなぜ大切なのでしょう。
建築現場では雨天の日でも作業は続きます。湿気を含んだ断熱材はそのまま壁内に密閉され、湿気を含むことでその性能は著しく退化します。さて、両方から気密フィルムで覆われてしまった断熱材の湿気はどこへ行くのでしょう。壁内にこもったまま結露をくりかえして大切な構造材に悪さをし始めるのです。品確法による優れた耐震等級を確保した建物であっても構造体の腐食が始まれば鉄骨でも木造でも初期の等級は維持できません。2011年07月26日

壁内通気はなぜ大切なのでしょう。
建築現場では雨天の日でも作業は続きます。湿気を含んだ断熱材はそのまま壁内に密閉され、湿気を含むことでその性能は著しく退化します。さて、両方から気密フィルムで覆われてしまった断熱材の湿気はどこへ行くのでしょう。壁内にこもったまま結露をくりかえして大切な構造材に悪さをし始めるのです。品確法による優れた耐震等級を確保した建物であっても構造体の腐食が始まれば鉄骨でも木造でも初期の等級は維持できません。

弊社の建物は「壁内は結露する」を前提にとりくみ、壁内に通気層を設けて暖気は上昇、冷気は下降の自然の摂理に則って壁内湿気を上昇気流に乗せて屋外へと排出します。だから躯体はいつでも乾燥した状態です。壁内通気工法にはもう一つの効用があります。真夏、灼熱の太陽から建物を守ろうと断熱材は威力を発揮します。朝の10時頃から夕方の7時頃まで耐え忍んだ断熱材は蓄熱状態になっているのです。最近の家は蒸し暑い、北海道でもクーラーが要るようになった。その原因はこの断熱材にあります。断熱材は真夏に干した布団のような状態になり夜間に室内に放熱をはじめ室内で「新熱中症」になる人が増えているのです。

では壁内通気工法の家ではどうでしょう。放熱をはじめた断熱材が室内にダイレクトに輻射する前にこの通気層を通過させます。そこでこの通気層を流れる上昇気流がその熱源を捕らえ、気流にのせて排出するのです。基礎から壁、小屋裏と建物の外周を流れる空気に触れさすことで壁内結露、室内結露を防ぎ、建物の耐久性とそこに住む人の健康をまもる威力を発揮するのです。弊社では30数年程前からシロアリを農薬で殺すのではなく床下の乾燥と通風でシロアリが来ない家を造っています。
30数年後の現在、一軒のシロアリ発生の家もありません。
机上の理屈ではなく実績が証明しています。

2011年07月26日

高気密高断熱住宅はそんなにいいの?

高気密高断熱住宅が持て囃されています。弊社も流れに押されて推し進めていますが壁内通気を重視しない気密断熱住宅には疑念を抱いています。
その理由は生活スタイルの変換が伴っていないとむしろ使い方によっては有害にも成りかねないからです。2011年07月25日

高気密高断熱住宅が持て囃されています。弊社も流れに押されて推し進めていますが壁内通気を重視しない気密断熱住宅には疑念を抱いています。
その理由は生活スタイルの変換が伴っていないとむしろ使い方によっては有害にも成りかねないからです。
厳冬期-10℃前後の北海道では一棟全室暖房が当たり前です。

ではⅣ地域の近畿圏ではどうでしょう。
高気密高断熱仕様にして全室暖房は理想ですが実際には一棟全室暖房している家はほとんど見かけません。
全室暖房するほど寒くないこととランニングコスト面から局部暖房をしている家がほとんどなのです。
高気密断熱住宅では全室暖房が前提です。局部暖房は室内ごとの温度差を引き起こし、室内結露を発生させ建物とそこに住む人の健康障害を引き起こす危険が潜んでいるからです。
室内結露の対策には「室内の温度差をなくすこと」に尽きます。押入れから洗面所、トイレに至るまでの室温の均一化を図ることが大切です。次に壁内に流れる通気層を作る事です。
基礎から壁、小屋裏へと流れる空気層をつくることで壁内結露と白蟻りの発生も抑えます。
シロアリは乾燥と通風を嫌うからです。壁内空間が息ができない程びっしりと断熱材を詰め込み気密断熱性を競うのは感心できません。

2011年07月25日

湿気の多い季節は壁内結露の危険?

壁体内結露は現代病です。夏むきで隙間だらけの昔の家では発生しませんでしたが家の造りようが冬型となり気密断熱化が進んだ現代の住まいの現代病といえます。2011年06月21日

壁体内結露は現代病です。夏むきで隙間だらけの昔の家では発生しませんでしたが家の造りようが冬型となり気密断熱化が進んだ現代の住まいの現代病といえます。

窓や壁の表面結露は目で確認できるため対処がしやすいですが、壁の中や床下、屋根裏で発生する構造部分の「内部結露」は見えないだけに発見が遅く、いわば「住まいの内臓疾患」「高気密高断熱が普及したゆえの現代病」といえます。
長期優良住宅・次世代省エネ住宅の施工では気密断熱施工に厳しい基準を設けていますし、造り手側も施工マニアルに従って慎重に施工します。でも壁の中や床下、屋根裏などの内部チエツクは長期優良住宅の検査基準に入っていません。
作る側も検査側も「壁体内結露は発生しない」 を前提にしているといえます。気密許容範囲(c値)を定めてその基準値をクリアしていればOKなのです。

机上での設計・計算で成り立ったとしても施工するのは現場です。
雨天の日もあれば湿気の多い日もあります。職人ごとの施工のばらつきも無いとはいえません。新築時の等級数値が長期に渡り維持できるとは限りません。
例えば水槽の金魚を例にとって見ましょう。水槽に目では確認できないような小さな穴が空いていたとします。許容範囲は許されるでしょうか?
長期に渡れば水槽の水は必ず底をつき金魚は死んでしまうのです。

躯体内結露は構造体が何であれ悪影響をうけます。
木には一定の調湿機能がありますが限界を超えると腐食を起こします。
鉄骨造では熱伝導率が高い分、結露が発生しやすく、錆はじめます。
コンクリート造もそもそも水分とセメントを原料としているため結露して内部の鉄筋を腐食させ、コンクリートを破壊します。
つまり、長期優良住宅・次世代省エネ住宅とされるための住宅は、その構造や材質にかかわらず、設計段階から結露をためこまないための工夫、が必要なのです。
とくに鉄筋コンクリート造の場合躯体が乾燥するまでには3年位はかかります。その間の壁内湿気対策は欠かせません。
弊社ではRC造や木造、鉄骨造でも「壁体内結露は発生する」を前提にした家づくりをしているのです。

2011年06月21日

壁の中の仕組の説明と実際に住まいされている宅の紹介

壁体内に通気層を設けることで、躯体を流れる空気に触れさせて壁体内の湿気や結露を取り除き躯体の腐食と劣化を防げることは繰り返し述べていますが壁体内通気層には他にもメリットがあります。
その一つに外気(熱気や冷気)を室内へダイレクトに侵入させない役割があります。2011年06月06日

壁体内に通気層を設けることで、躯体を流れる空気に触れさせて壁体内の湿気や結露を取り除き躯体の腐食と劣化を防げることは繰り返し述べていますが壁体内通気層には他にもメリットがあります。
その一つに外気(熱気や冷気)を室内へダイレクトに侵入させない役割があります。
こう説明すると「その役割は断熱材がするではないか」との詰問が出そうです。
その通りです。その役割は断熱材が行いますがここが要注意です。
外壁を覆うすべての断熱材には熱許容量があり長時間外気温度にさらされると熱容量を越えた熱気はじわじわと室内側へも侵入し始めます。このとき壁体内に断熱材がぎっしりと詰まっていると熱容量を超えた熱気はダイレクトに室内に伝わります。「最近の夏の夜はサウナのよう」という話をよく耳にするのは外気温が下がっても断熱材が災いして室内熱気の逃げ場がなくなるという結果なのです。ところが壁体内通気層があると断熱材を越えた熱気は室内側に伝わる前に壁体内通気層を自然の摂理で上昇して基礎部にある冷熱を引き上げて外気熱の室内への伝わりを抑えると共に室内熱気を壁内通気層の流れる空気に触れさせて屋外へと放出します。冬の冷気は壁体内通気層を自然の摂理で下降し基礎部の地熱(14℃~18℃)で暖めさせて上昇し壁内通気層を循環して室内空気環境を整える役割を果たすのです。

弊社の壁体内通気工法の基本はパッシブ工法です。
壁体内を空洞にして「暖気は上昇、冷気は下降する」という自然の摂理を利用して壁内に空気を循環させるものです。この基本ベースに付加機能を付けたのがアクテイブ工法でその種類は幾つかあります。涼家、澄家、爽やか、GEOパワー、ソーラーサーキットなどです。建築予算に合わせて選んで頂きます。どの機種を選んで頂いても取り込む地熱温度は変わりありません。その以前に建物の構造に関心を持つことが重要と考えます。隙間だらけの家、或いは密閉された壁ではどの機種を選んでも機能は発揮できないからです。
壁体内通気工法によるこの微妙な空気環境は身体でしか掴むことはできません。
エアコンガンガンの生活スタイルでは理解できないのです。
なんとなくさわやかですがすがしいく暑くない程度、寒くない程度、そんな室内空気環境の家が実際にあります。

昨日は今年の2月に新築されたK様炊宅に招かれました。その家の周囲はみどりいっぱい。お子様の遊び相手はかえるや蝶々の幼虫や淡水に住む小エビでした。庭には家庭菜園があり桃や栗り、柿の木がありました。自然大好きのK様ご家族はニュー澄家を選ばれました。ニュー澄家はこの生活環境と風景にぴったりと寄り添うように建っていました。

ニュー澄家採用のK様ご家族と僕  ・K様手作りのハンモッグで満悦(´∀`)つ!

 

2011年06月06日

コンクリート造は最高の蓄熱体

コンクリートの家は地熱を取り込むことの出来る最高の蓄熱体です。
鉄筋コンクリート造の家で最も気になるのは結露でしょう。窓ガラスにびっしりと付く水滴、使っている部屋と使っていない部屋の温度差もストレスになります。これらは解決の方法はないのでしょうか。今回は鉄筋コンクリとの家と結露についての話をします。2011年05月17日

コンクリートの家は地熱を取り込むことの出来る最高の蓄熱体です。
鉄筋コンクリート造の家で最も気になるのは結露でしょう。窓ガラスにびっしりと付く水滴、使っている部屋と使っていない部屋の温度差もストレスになります。これらは解決の方法はないのでしょうか。今回は鉄筋コンクリとの家と結露についての話をします。

鉄筋コンクリートの家とは建物の躯体を鉄筋とコンクリートで造り一部を開口して窓をつくり通風と日差しを取り込む家です。したがって木造のように建物の外壁から隙間風が入るようなことはなく気密の良い家といえます。でもこの気密の良さが災いして室内結露を引き起こしているのです。
寒い冬、外気はコンクリートの外壁を冷やします。室内では暖房しますね。この温度差が結露の原因です。
夏の場合はどうでしょう。外気温度が34℃とします。コンクリートはおよそ50℃の熱源の固まりとなりエアコンで冷やされた空気に触れて夏でも壁内結露を発生させます。
隙間だらけの木造住宅では考えられなかった室内結露がコンクリート住宅ではあたりまえのように発生しているのはこのためです。

ここで断熱材が登場します。断熱工法には二通りあります。外張り断熱と内張り(充填)工法です。内張り断熱とはコンクリートの室内側に断熱材を貼り巡らせその上にクロス等で仕上げる工法です。内張り断熱工法は机上では隙間なく書けますが現場では施工のばらつきは発生します。断熱材に少しの隙間があったとしても仕上げてしまえば中は覗くことは出来ません。断熱材でさえぎられたはずの熱気や冷気は室内の空気に直接触れて壁内結露の原因になるのです。(過去、数多くの公社、公団住宅で実証されています)

一方の外張り断熱工法とはコンクリートの外壁側に断熱材を張り巡らせる工法です。
この工法には二つのメリットがあります。コンクリート壁を造る際の型枠と一体で打ち込みますので隙間が発生しませんし、断熱材の仕上がりを目視で確認することが出来ます。
コンクリートの外側に断熱材を張ることでコンクリートへの外気温の伝わりを抑え、床下の地熱を効率よくコンクリートに蓄えることができます。そのことで建物全体が大きな蓄熱体となり建物外周から室内へと輻射で地熱を放射することが出来ます。

弊社ではこの外張り断熱工法に加えてコンクリート壁に空気層を作っています。
基礎部から壁面、屋根裏へと流れる空気層を作り、一年を通して風を流します。そうすることで壁内結露を排出、夏冬一年を通して無尽蔵にある一定温度の地熱を建物外周から室内側へと輻射させ室内温度の底上げを行いその分、エアコンの消費電力の削減と室内腐朽菌、アレルギーの発生を抑えてそこに住む人の健康に役立っています。
コンクリート造の住まいのデメリットをメリットにかえる工法が弊社の特技です。
この工法は国土交通省が平成14年に建築した京都迎賓館でも採用されています。

2011年05月17日