基礎換気の疑問に答えます

基礎換気口を塞いでしまったら床下湿気はどうなるの?

しみずの家は外張り断熱が基本です。建物本体と基礎部を断熱材で切り離すのではなく
一体として外周を基礎部も含めてすっぽり断熱する方法を取っています。

基礎床土間にはソイルカバー(土中の湿気を抑え込む)を敷き詰めコンクリートで固めます。

換気口を閉めることで外気湿気の侵入を抑えます。

基礎部は上部室内と一つの空間となります。基礎部の換気は各室に設けられた24時間第一種
換気と床下から壁内通気層と小屋裏へ流れる空気層を設けることで基本的に床下湿気は発
生しない構造になっています。

たとえ停電して機械換気が作動しなくなっても暖気は上昇、冷気は下降するという自然摂理
を利用してしみずの家は床下から壁、壁から天井へと空気は循環して湿気を取り除く仕組
みになっています。

ところが先日お引き渡ししたGEOパワーのお施主様から、床下に湿気が溜まると苦情があ
りました。原因を調べている内にこの家は省令準耐火地域で壁の中を通気出来ない構造に
なっていたのが湿気の溜まる一つの原因と解りました。

世界的にまれな日本特有の高温多湿の国で通気できない家を省令するお上の制度(2x4住宅を
奨励する法律?)には疑問を呈しますが法律ですから従わずには往きません。

この問題解決のために床下の通風ファンを設けて1階居室と床下空間を同じ空気環境になる
ようにしました。

地下5mには18°前後のエネルギーがあります。地上に近くなると熱損失をしても外張り
断熱施工された床下では30°前後のエネルギーがあります。

このエネルギーをダイレクトに室内に取り込む、これがしみずの家づくりのベースです。
空間の温度は30°前後です。この夏、床下から30°前後の空気を取り込めるのは