低炭素化住宅の最終目標はLCCM住宅

平成27年度地域型住宅グリーン化事業に

平成27年度地域型住宅グリーン化事業の公募がスタートしました。
しみず工務店も乗り遅れないように我さきにと事業団体に申し込みました。

長期優良住宅に始まって地域型ブランド化事業、そして今は地域型グリーン化事業と
矢次早に制度が変わるようですがまだまだ変わります。
国が2020年までに1990年比で25%の二酸化炭素を削減するという、国際的な宣言
をした事にあり、そのための最終目標は低炭素化社会の先進的エコ住宅LCCM住宅。

LCCM住宅とは、日本が世界に約束した25%削減目標を目指す最終的な住宅のと位置づけ
ていると言っても過言ではないといえます。

ではLCCMが何の略かと言いますと、
Life Cycle Carbon Minus(ライフサイクルカーボンマイナス)。
の略で、住宅の一生を通して、二酸化炭素がマイナスになるような住宅と言うことです。

では、住宅の一生とはどういう事なのでしょうか?
住宅のライフサイクルを言う時は、一般的には
・住宅を建てる段階
・住宅に住む段階
・住宅を解体する段階

これら全ての段階を含んで、住宅のライフサイクルと言います。

これを踏まえて、ライフサイクルカーボン(住宅の一生に発生する二酸化炭素の量)を
見るわけです。
そして、これらのそれぞれの段階で発生する二酸化炭素の総量より、創エネルギーに
よって抑制できる二酸化炭素の量との差し引きが、マイナスになる住宅の事を、『ライフ
サイクルカーボンマイナス住宅』と、言うわけです。

つまり省エネだけでなく、二酸化炭素負荷を極限まで減らす住宅例えば、同じ大きさでも
木造住宅と鉄骨住宅を建てるのでは、発生する二酸化炭素の量はかなり違います。
基本的に、木造で建てる場合はほとんど二酸化炭素を新たに発生させません。
逆に鉄骨だと、鉄骨自体の制作段階でかなりの二酸化炭素を発生させるので、これによっ
て、かなりの違いが出てくるわけです。

【居住時に発生する二酸化炭素の量】
基本的にLCCM住宅においても、居住時に発生する二酸化炭素の量は、使用する、ガスや
電気の量から算出します。省エネ住宅ではあればあるほど、1年間に発生する二酸化炭素の
量は減ります。

【解体時に発生する二酸化炭素の量】
一般には、ライフサイクルCO2と言うと、解体時に発生する二酸化炭素の量も考慮するので
すが、LCCM住宅における評価には、この部分の二酸化炭素の量は考慮しなくて良いことに今
の段階ではなりそうです。

以上で発生した二酸化炭素の量を住宅から発生する二酸化炭素の総量と計算します。

住宅がそこに住む人の為のものから、政府が約束した二酸化炭素25%削減の道具にされ、
補助金や優遇処置でコスト高の建物を買わされるように見えるのは年寄りのひがみかも
知れません、でも時代の流れに沿いながら住み心地の良い家を建てることを見失うことな
く住まいづくりに携わっていきたいと願っています。

小さく建てて広く使う

ひろがりの間取り造りは建物の耐久性ととそこに住む人のこころと体の健康にもとても大切

一般的に住まいを建てる計画をしたとき将来のことも考えて間取りをつくります。
子供の成長を考えて南側に面して子供の人数だけの部屋を造る場合もあります。
この場合通常、プライバシーを守るという名目で壁とドアで仕切られた個室となりますね。

南の窓は子供部屋に占領され、お日様は子供だけのものになってしまい将来、子供が成長して
家を出れば物置の間になって太陽の光はさえぎられたままになってしまいます。
開かずの間は結露と腐朽菌のたまり場になり建物とそこに住む人の健康を蝕む危険性を膨ん
でくるのです。

一家の家族でプライバシーを尊重するのは夫婦の寝室だけでいいように思いませんか?
プライバシー優先、個室志向は幼い子供に様々なこころの弊害を引き起こしています。

もしこの子供部屋の間仕切り壁とドアを無くして腰高の書棚で仕切ったとしたら(※)、

太陽は家全体に頂けます。階下まで陽が差し込み、明るく風通しの良い家になります。
子供は背中に家族の気配を感じながら勉強をするでしょう。

お兄ちゃんの勉強に邪魔にならないよう気くばりをしながら遊ぶでしょう。
幼い頃から広がりの空間で家族への気配りをしながら成長する子と個室に篭って人への配慮
も知らないで成長していく子とでは将来の人格形成に影響が出てくるように思います。

こうして考えると、ひろがりの間取り造りは建物の耐久性ととそこに住む人のこころと体の
健康にもとても大切な事だということがわかりますね。

(※)小学校の教室を想像してみては?

南に面して運動場があり各教室の窓から日差しを取り込めます。
教室と廊下の境には腰窓があり廊下から窓腰に教室が見え、教室の気配を感じ取れる、
夏は運動場の風が教室を通り抜けて廊下まで吹き込んで来る・・・

理にかなった家づくりをする

家づくりは一生一代の大仕事。遊び心は程々にして真剣に取り込んで欲しい。
建物は雑誌やプラモデルで眺めるならどんな形でも構わないが一旦建てれば60年100年と外気にさらされ豪雨台風、地震に耐えなければならない。
住み心地もホテルや別荘のようにたまに泊まるのではなく一生そこで暮らすと考えると浮ついた気持ちでは建てられない。2011年04月21日

家づくりは一生一代の大仕事。遊び心は程々にして真剣に取り込んで欲しい。
建物は雑誌やプラモデルで眺めるならどんな形でも構わないが一旦建てれば60年100年と外気にさらされ豪雨台風、地震に耐えなければならない。
住み心地もホテルや別荘のようにたまに泊まるのではなく一生そこで暮らすと考えると浮ついた気持ちでは建てられない。
家の形状や外観は建物が建つ地域の気候風土、地形、法規制などで必要不可欠で決るもので「雑誌で見た格好が良かったとかこんな家を夢見ていたとかは通用しないもの」を承知して計画するべき。例えば海辺の家屋には重たい瓦屋根が多く、東北ではトタン屋根が多いのには暴風地域と豪雪地域の違いによるもの。

茅葺民家の吹抜けは釜戸や炉辺の煙りを上部え追いやり室内を煙り、二酸化炭素から身を守るため、都市部での勾配屋根は道路斜線に架かるためでありすべては理にかなって決められたものだと気付いて自分の家づくりを真剣に見直すことが必要。

例えば道路斜線規制でもない場所で最近よく見かける急勾配の屋根、見た目は奇抜で格好いい、でも耐震性、耐久性から見ると四方均等にがっしりと屋根が組まれている方が強いに決まっているし施工費、メンテナンス費用も安い。室内の気密性、空気循環が良くても冬、自然の摂理で暖気は高い天井へ溜まってその分足温は低くなる。
夏場は室内熱気を上部へと流すメリットはあるが高窓から侵入する冷、熱射のデメリットの方が大きい、延面積は同じでありながら建築コストは高く値く。

外観に於いても同じことが言える。乾燥地域の欧米ならともかく高温多湿の大阪で外壁を守るには長い庇がある方がいい、最近良く見かける庇の短い屋根では外壁を守ることは出来ない。
四六時中暴雨風、夜露をまともに受けてその耐久性は急速に落ちていく、変形した地形なら止む得ないが四角い土地ならあえて変形した建物は建てるべきではない。
四角い家は耐震性が高かまり工事費は安くなりメンテナンス費用も安くなる。

そう考えると「家づくりはつまらなくなってしまう」とお叱りを受けるやも知れないがあえて苦言をもう一度。
家は室内で飾って眺めるものではなく60年100年と風雪にさらすもの。
建てる場所の気候風土、地形を熟知した上で自然の理にかなった家を計画すべきでものまねの家は決して建ててはいけないと提言します。

2011年04月21日

報告したいこといっぱいあります!!

報告したいこといっぱいあります(*・ω・)ノ
先日は淡路島へ行ってきました。兵庫県淡路産の瓦の素晴らしさを目のあたりにしてきました。いぶし色の輝く淡路瓦と漆喰壁杉の板塀は海からの潮風と山からの木枯らしから建物を守る先人の知恵から生まれた伝統の家でした。2011年03月02日

報告したいこといっぱいあります(*・ω・)ノ
先日は淡路島へ行ってきました。兵庫県淡路産の瓦の素晴らしさを目のあたりにしてきました。いぶし色の輝く淡路瓦と漆喰壁杉の板塀は海からの潮風と山からの木枯らしから建物を守る先人の知恵から生まれた伝統の家でした。
その前は松山へも行ってきました。ここでも日本の家の素晴らしさに感動したのです。日本の家には他国に類を見ない理のかなった美意識があるようにも思いました。

話は変わって今、僕はH邸の外溝工事を自分でやっているのです。朝から晩まで(今8時20分)かかってもう5日になります。このところぐずついた天気で外仕事は計どりません。でも現場仕事は楽しいです、仕事の出来栄えが目に見えるからです。
完成したら画像でお見せします。僕のセンスをみてくださいね。( ´_ゝ`)ノ

2011年03月02日

古民家の美意識に喝采!!

日本古民家の美しさに感動しました。
先日には淡路島と松山に行ってきました。淡路島は瓦の産地です。さすが産地だけあってどの民家も素晴らしい瓦を葺いているのを目にしてきました。ここ淡路島で先人から受け継がれた伝統工法で今も民家が建てられているのを見てそのお施主様と請け負っている工務店に心の中でエールを送りました。
外壁の白い漆喰かべと黒い板塀、そしていぶし色に輝く日本瓦の民家が山と海に囲まれた淡路島の風景にとてもマッチしていました。

画像で紹介するのが今日になってしまいました。(・∀・)つ

 

2011年03月06日

研修会報告

三重県は伊勢方面へ住宅研修に行ってきました。
この紙面で報告しましよう。
まずは和田金へ行って松坂牛のすき焼きを食べました。
午後は伊勢神宮へお参りをしてきました。
それから漆喰塗り壁の古民家を見てきました。2011年02月25日

三重県は伊勢方面へ住宅研修に行ってきました。
この紙面で報告しましよう。
まずは和田金へ行って松坂牛のすき焼きを食べました。
午後は伊勢神宮へお参りをしてきました。
それから漆喰塗り壁の古民家を見てきました。
画像は午後に載せます。いまから現場へ直行です。
上記の報告を書いたのは今朝の6時過ぎ、今午後の7時です。現場から返ってきたところ、
今から下記画像を掲載します。明日は漆喰塗り壁実践セミナーです。
ところが僕は急用が出来てこの土日のイベントに参加できません。家を建てる計画のみなさん、
ごめんなさいね。こんなの初めてです。この借りはキットお返しますからねっ!

  

伊勢神宮内の神木です。樹齢はおよそ700年・焼き杉と漆喰塗り壁の絶妙の外観の商家
かの有名な和田金で松坂牛のすき焼きを頂きました( ´_ゝ`)ノ

2011年02月25日

五右衛門風呂を体験をしよう!!

この3月26日と27日に大阪泉南の山里での田舎暮らしの体験を計画しました。
若いお父さんやお母さん子供たちと一緒に里山を体験しようと「木を愛し森を守る会」が呼びかけるもの。茅葺き屋根の一軒屋の建物で、野菜は前の畑で収穫して自分たちで料理。かまどでご飯を炊く、夕食は囲炉裏を囲みながら鍋をつつく、お風呂は五右衛門風呂で外から焚いてもらう。2011年02月03日

この3月26日と27日に大阪泉南の山里での田舎暮らしの体験を計画しました。
若いお父さんやお母さん子供たちと一緒に里山を体験しようと「木を愛し森を守る会」が呼びかけるもの。茅葺き屋根の一軒屋の建物で、野菜は前の畑で収穫して自分たちで料理。かまどでご飯を炊く、夕食は囲炉裏を囲みながら鍋をつつく、お風呂は五右衛門風呂で外から焚いてもらう。こんな体験をするのです。昨年の体験で今の生活と比較して勉強になることがいろいろありました。その一つ、大空間は田の字に建具で仕切られていて閉め切っても各室の欄間から空気が流れ孤室感を感じさせない。

照明は各室1ヶ所、天井から吊らされていて最初は暗く感じるけれど慣れてくると暗さを感じなくて、むしろ室内の陰影でこころに安堵感と癒しを感じます。その二に五右衛門風呂と家の風呂との違いに気が付きます。からだの芯から暖まってなかなか冷めません。その理由は家の風呂はお湯の熱が浴槽の周囲から外側へ逃げるのに対して薪火の熱が釜の周囲から浴槽を暖めるからだと思います。

その三に大きな一軒屋なのに炉辺の焚き火だけでなのにあまり寒く感じません。その理由は広く使っているので炉辺の熱やかまどの熱が家全体に行き渡り、室内温度にばらつきがない。「ご飯を炊く釜戸の火が暖房も兼ねている」これもまねのできないエコだと思いました。今年もこの3月に五右衛門風呂体験会を開催します。さて今回はどんなことを発見できるのかが楽しみです。皆さんも参加しませんか。昔の生活を体験することでとても参考になりますよ。子供さんたちにもぜひ体感をお勧めします。

昨年参加した良い子たち

 

2011年02月03日

高気密高断熱化路線を突っ走る日本のすまい

高温多湿の国、日本で生まれた伝統木造建築は夏を旨とした開放的な構造でしたので、気密や換気のことは問題になりませんでした。
「冬はいかようにも過ごせる」を旨とし、住む人の快適さよりも建物の耐久性を優先してきましたが、日本の住宅暖房に化石燃料が取り入れられるようになって、2011年01月06日

高温多湿の国、日本で生まれた伝統木造建築は夏を旨とした開放的な構造でしたので、気密や換気のことは問題になりませんでした。
「冬はいかようにも過ごせる」を旨とし、住む人の快適さよりも建物の耐久性を優先してきましたが、日本の住宅暖房に化石燃料が取り入れられるようになって、こうした気密性の低い住宅ではその暖房能力を高めても、あちこちの隙間から冷気が侵入し、足元が冷えびえとし、ストーブの近くでしか暖かくならない、床下付近と天井付近の温度差も大きく、寒さや部分的な暑さが同居して、不快で健康上も望ましくない。
こうした居住環境の変化の中で住宅の造りようは住む人の快適さを優先して「冬型」となり断熱と気密化の路線を走ることになったといえます。

「断熱性と気密性を高めて熱が逃げるのを防げば、家中がまんべんなく暖められ、快適な温度環境が得られる。又、気密化による室内空気の不純物は計画換気で補う」

上記の路線を走っている日本の住まい造りですが省エネから新省エネ、次世代所エネ基準と高い基準を求める余り、人の住む家が精密機械や野菜を格納する物流倉庫のようになってしまうのではないかと危惧するのは私だけでしょうか。
北海道並の高気密高断熱住宅が4地域の近畿圏で本当に必要なのでしょうか。
初夏の北海道でクーラーが要る昨今、日本一律、画一的住宅規制はどこかで間違った路線に入り込んでしまったのではないでしょうか。
もうこれ以上快適さを追求するのではなく冬、寒くない程度、夏、暑くない程度の生活、季節の移ろいを肌で感じる生活スタイルえの見直しが大切なように思います。
体感会を控えた豊中市のH邸ではその実際を肌で感じていただくことが出来ます。ぜひお確かめ下さい。

1月15日16日体感会を控えた豊中のH邸

2011年01月06日

家づくりで損をするな!

気密断熱住宅の時代になってシックハウスや建物の結露が多発したことはきのうのブログで紹介しました。
そこで平成15年に「室内換気が必要」と国が24時間強制換気を義務付ました。今度は長期優良住宅で国の補助金を受ける為に防蟻処理が義務付けられたのです。「防蟻処理をしないと家が腐る」がその理由だそうです。2010年11月24日

気密断熱住宅の時代になってシックハウスや建物の結露が多発したことはきのうのブログで紹介しました。
そこで平成15年に「室内換気が必要」と国が24時間強制換気を義務付ました。今度は長期優良住宅で国の補助金を受ける為に防蟻処理が義務付けられたのです。「防蟻処理をしないと家が腐る」がその理由だそうです。
5年保証の防蟻処理? ということは5年間農薬の効力を発揮し続ける中で暮らすことになります。5年過ぎると又5年保証で防蟻屋さんが散布する。この構図が出来上がり、一生涯農薬の撒き散らした家に暮らすことになるのです。

 家の寿命と人の寿命、あなたはどちらを選びますか?

この質問は極端過ぎるかも知れませんが現実に長期優良住宅を建てるためにはこんな人命に関わる選択を迫られるのです。どこかで入口を間違ってしまった日本の家づくりは歯止めがかかりません。ますます間違った方向えとエスカレートして行きます。
一生の大半を過ごす住まいから家族が明日へのエネルギーを頂くか、失うのかはお父さんお母さんが選択しなければなりません。場当たり的な行政の法律で大切な子供の健やかな成長を妨げられないようにしたいものです。

けさ6時に自宅を出発して箕面モデルハウスで小さな畑を作り玉ねぎの苗を植えました。しっかり成長するか楽しみです。余談ですが自転車で行ったんですよ(。・ω・)ノ゙

2010年11月24日

Fスター製品なら安心でしょうか

その昔、日本にシックハウスと云う言葉はありませんでした。再生可能エネルギーから化石エネルギーに依存した日本経済とともに住宅が開放型住宅から密閉型住宅になったことで結露によるカビやダニの発生、新建材からの揮発性有害化学合成物質等の室内拡散等によるアトピー・喘息・シックハウス症候群等の症状は幼児やお年寄りの身体に弊害をもたらしました。2010年11月16日

その昔、日本にシックハウスと云う言葉はありませんでした。再生可能エネルギーから化石エネルギーに依存した日本経済とともに住宅が開放型住宅から密閉型住宅になったことで結露によるカビやダニの発生、新建材からの揮発性有害化学合成物質等の室内拡散等によるアトピー・喘息・シックハウス症候群等の症状は幼児やお年寄りの身体に弊害をもたらしました。
そこで取り入れたのがそれらの症状を抑えるための建材使用基準、フォースターです。

一つ☆から四つ星までに建材を分割してフォースターの建材が一番安全と云う訳です。
あるモデルハウスで質問します。「このクロス、シックハウスは大丈夫?」
営業マンが答えます「ハイ奥様、当社では国の安全基準をクリアしたフォースター製品を採用していますのでご安心下さい。」・・・

ちょと待ってくださこの国の安全基準、誰が決めたの?ハウスメーカーや建材メーカーで造る団体が自からの企業限界を基準にして、お上に進言したもの。世界では通用しない代物です。しかも測定時、設定基準温度22℃で測定しています。揮発性有害化学合成物質は温度が上がれば当然揮発性も高まります。真夏の住宅の屋根裏は36℃~50℃になります。22℃の温度設定で測定したこのフォースター建材。36℃~50℃になっても測定通りの数値で室内拡散は収まっているのでしょうか。厚生労働省が人体に影響あるとして濃度指針値を示した有害化学合成物質の種類は13種類、その内2種類(ホルムアルデヒト・クロルピリポリス)だけがフォースター基準の対象で後は自主規制だそうです。

この国の安全基準、これから20年、30年先まで通用するのでしょか。
第二のアスベスト事件が起らないないことを祈るばかりです。

Fスター基準をクリアした製品を使ったのに発生した阪大でのシックハウス事件

2010年11月16日

不可解な坪単価表示、されど日常に使われる坪単価

「坪いくらで出来ますか」よく聞く言葉です。又業界でも「今回は坪あたり0万円かかった」ともよく聞きます。
建築費を坪単価で表すことは日常よく使われますがこの価額ほど不正確な金額はないと言えます。不正確な金額なのにも関わらず一般的に建築費を予測する場合に引き合いに出されるのが、「坪あたりのいくらで出来ますか」の質問です。2010年10月18日

「坪いくらで出来ますか」よく聞く言葉です。又業界でも「今回は坪あたり0万円かかった」ともよく聞きます。
建築費を坪単価で表すことは日常よく使われますがこの価額ほど不正確な金額はないと言えます。不正確な金額なのにも関わらず一般的に建築費を予測する場合に引き合いに出されるのが、「坪あたりのいくらで出来ますか」の質問です。同じグレードの家でもスケルトンか間仕切りが多かで坪単価は変わります。トイレが2つあるか無いかでも変わります。建物本体だけなのか、建築諸経費含まれているかでも大きく変わります。そうしたもろもろの条件を統一した上で「坪単価いくらで出来る」の質問することが肝心です。

弊社も坪単価表示をしています。
その欄には注訳を添えています。坪あたりの価額は建築面積・部屋数・設備の数により坪単価は変ることなど。これら無数の条件を弊社では「設計原則」としています。
この設計原則に基づいて概算見積りしていますがこれさえいい加減な見積りと言えます。あくまでも「およそ値らくらいかかるのか?」の大まかな金額を知るための参考金額なのです。本体が値らかかって諸経費が値らかかって総額でどの位の値段になるのか、おおよその予算を掴んで頂くための坪単価表示です。

何千万円の買い物をして頂くのですから野菜の安売りのように一盛なんぼでは買っては頂けません。
今なら0万円引き、期間限定、などの言葉も使いません。契約は急がないのが信条。
詳細な打合せを何度も行い、十分納得頂いた方のみ、契約をして頂いています。

2010年10月18日