衣替えの出来る家

野性の動物たちはこの冬期に身体を覆っていた毛皮をたくみに生え替えさせて夏を迎えます。

私たち人間も衣替えをします。分厚い布団は冬には快適ですが夏場は暑くて眠れたものでは
ありません。ところが現代の高気密高断熱住宅はどうでしょう。夏も冬も同じ断熱材で建物
を囲みそのQ値の低いことを競っています。Q値の低い断熱材(蓄熱容量が大きい)は冬、
快適ですが夏の場合、蓄熱容量の大きい断熱材に溜め込まれた熱気は温度の低い方へと
輻射し始めて室内はエアコンなしでは過ごせなくなってしまうのです。

「夜、外気温度は低くなっているのに部屋は蒸し風呂」「北海道でもエアコンが要るよう
になった」と言う話は最もな話しなのです。ではどうすれば良いのでしょう。

建物も衣替え出来ないのか、ここに着目したのが弊社の二重通気工法ヘルシーハウス。

建物の外周を密閉された空気層①と断熱材②で囲みます。断熱材と内壁(屋根垂木)の間に
は通気する空気層③を設えます。これだけのこと、ではどうやって衣替えをするのか説明に
入ります。夏の場合太陽の輻射熱は屋根面、外壁に照りつけて建物外周は熱気に包まれます。

その熱気をまず密閉された空気層①(密閉された空気層は断熱材の役割を果たします)で
遮断します。空気層を通り抜けた輻射熱は外張り断熱材②で遮断するのです。さらにこの
断熱材も通り抜けた輻射熱は内壁との間の通気する空気層③で流すのです。③の通気層は
床下基礎面から外壁、小屋裏へとつながっています。外壁面の熱せられた空気は自然の
摂理で上昇して基礎下の冷気を引っ張ります。

日の当たらない側の外壁と屋根面の空気は自然の摂理で下降して基礎下へと引き下げられ
暖気は上昇するので電気代不要。こうして建物の外周を空気は循環を繰り返して熱気が
ダイレクトに室内に輻射するのを防ぎます。夏、汗ばんで身体にまとわり付くシャツを
パタパタと手ではたきながら涼を取った経験は誰にでもあるはずです。これが③の流れる
空気層です。

「建物の壁内を流れる空気に触れさせる」これが弊社の家作りの基本です。

でも今はこのシステムは採用していません。時代は高気密高断熱の時代、断熱材に穴を空け
ると断熱欠損、気密性に欠けるというわけで長期優良住宅の認定を受けることが出来ないし
補助金も貰うことが出来ません。「長いものには巻かれろ」のことわざがあるように弊社も
生きていくためには時代の流れに沿わざるを得ません。

でも民話「ハチドリのひとしずく」のようにコツコツと自然エネルギーを巧みに取り込む
素晴らしい仕組みを若いお施主様にご理解頂けるよう日夜奮闘しています。

※自然の摂理を利用したヘルシーハウスの仕組み