これからのシックハウス症候群は、遊粒子状物質対象の換気が重要

これからのシックハウス症候群は、遊粒子状物質対象の換気が重要
近年やっかいなのが、家の中にただよう小さな生物粒子。

建築基準法(2003年)で新築住宅に換気の設置が義務化されたのは、揮発性有機化合物(ホルムアルデヒト)の室内濃度規制によります。
これらの有機化合物の体内接種によっては、「めまい、頭痛、吐き気」などのシックハウス症候群の症状が起こります。しかし、換気が義務化されて以来、ホルムアルデヒトによるシックハウス症候群はほとんどみられなくなりました。
一方、空気中の浮遊粒子物質によるアレルギー性シックハウス症候群の症状が多くみられるようになっています。
これらの症状は慢性病になることが多いので、これからの換気は室内の空気中に漂う粒子状物質の除去を対象にする必要があります。

次のページへ