近頃話題の「PM2.5」ってなあに?

近頃話題の「PM2.5」(微小粒子状物質)ってなあに?

中国大陸(北京周辺北東部)から海を越えて飛来する最近では、中国大陸(北京周辺北東部)から海を越えて飛来する、濃度の高いPM2.5という大気汚染が日本でも問題になっています。
工業化で急速に経済発展した中国の車や工場の煤煙、暖房用ボイラーなどのガスが大気に排出されてスモッグ化。環境規制や対応に甘い中国国営企業の体制が大量撒き散らしにつながって、今後の懸念がぬぐえません。

それが、黄砂や風で日本に飛来し、目に見えない粒子(毛髪の直径の30分の1)2.5マイクロメートル以下の微小浮遊粒子となって大気中に漂い、ガーゼマスクなどは素通りしてしまいます。

粒子がとても小さいことから肺の奥に入り人がこの物質を吸い込むと、粒子がとても小さいことから肺の奥に入り込み、血圧上昇、不整脈、ぜん息症状を起こし、長期的には肺ガンや、気管支炎、動脈硬化、狭心症や心筋・脳こうそくのリスクが上がり、さらに花粉と一緒に取り込むと、アレルギー症状の増加や悪化も懸念されます。

中国大陸に近い西日本では、今後も深刻化が予想されるPM2.5の緊急対応策を求め、生活者が空気清浄機を求めて売り場に殺到するなど、大気汚染への不安感を募らせています。

飛散の多い日は外出を控え飛散の多い日は外出を控え、外出したらできるだけ髪の毛や衣類のホコリを払って家屋内に持ち込まないようにしたり、洗濯物なども室内干しや浴室乾燥機を活用するなどの対応が必要です。

チェックサイトの紹介

PM2.5は
環境省大気汚染物質広域監視システム「そらまめ君」

花粉量は
環境省の花粉観測システム「はなこさん」