室内温度のバリアフリー

段差解消のバリアフリーは行政の補助金制度もあってかなり行き渡っています。 でも室内温度のバリアフリーはあまり行き渡っていません。ところが東京都老人研究所の年間の推計によるとこの温度の段差(ヒートショック)での事故死は交通事故死のおよそ3倍、2月から3月にかけて入浴中の死亡例が最も多いと発表しています。2010年12月14日

段差解消のバリアフリーは行政の補助金制度もあってかなり行き渡っています。
でも室内温度のバリアフリーはあまり行き渡っていません。ところが東京都老人研究所の年間の推計によるとこの温度の段差(ヒートショック)での事故死は交通事故死のおよそ3倍、2月から3月にかけて入浴中の死亡例が最も多いと発表しています。

冬の寒い日にヒートショックが起きやすい場所は、浴室とトイレ室。脱衣所や浴室の室温と湯の熱さとの温度差はなんと30℃。冬の朝、暖かい布団の中から真っ先に行く先はトイレ、このトイレの室温は外気とほぼ同じに温度に下がっていて布団との温度差はおよそ35℃、ここにもヒートショックの危険が潜んでいます。

もう一つ危険なのは床暖房です。気持ちよさそうに寝そべる赤ちゃんのコマーシャルを見て憧れる床暖房にもヒートショックの危険が潜んでいるのです。つま先の毛細血管が26℃以上に暖められたフローリングから冷え切ったフローリングに触れた時、血管は収縮して脳血栓の危険があるのです。
仮りに全室床暖房している家があったとしても押入れやクローゼットの中までは行っていないでしょう。床暖房をしている部屋の暖気は冷たい箇所へと移動を始めます。その温度差が露点(結露する温度差)に達すると冷たい箇所で表面結露が発生するのです。
結露による浮遊菌をえさにダニが繁殖しそこに住む人に悪さをします。
昔の日本に言葉さえなかったシックハウス症候群やヒートショックは気密断熱材で建物を密閉してしまった近代日本の住まいが引き起こす現代病といっても過言ではありません。

弊社の「ニュー暖家」は建物の基礎下の土を暖めます。土には元々17℃前後の地熱があり大きな蓄熱帯です。この蓄熱帯に深夜電力を蓄えます。12月から4月までスイッチ入れっぱなしで深夜5時間だけ作動します。わずらわしい管理もいらず部屋の空気も汚れません。24時間トイレ・玄関土間・押入等の隅々までくまなく暖まります。
消費電力は月々6000円前後、クリーンで温度差のない空気環境が実現します。

2010年12月14日

この冬、全室暖房しますか?

あなたは全室暖房しますか? この質問にイエスと答える人は少ないでしょう。 リビングだけ、居間だけを閉め切って暖房している家が多いのではないでしょうか。 実は僕の家も狭い四畳半の居間だけ暖房しています。隙間だらけの我が家では全室暖房などしてもコストが掛かるばかりで効き目はありません。2010年12月13日

あなたは全室暖房しますか? この質問にイエスと答える人は少ないでしょう。
リビングだけ、居間だけを閉め切って暖房している家が多いのではないでしょうか。
実は僕の家も狭い四畳半の居間だけ暖房しています。隙間だらけの我が家では全室暖房などしてもコストが掛かるばかりで効き目はありません。
きのう夜の9時30分、暖房した居間の室温は23℃でした。暖房していない部屋の温度は13℃、外壁に面するトイレの温度は12℃その差11℃もあり、居間から出るとゾックとして寒気を感じとても不快でした。我が家では結露の心配はいりませんが室内温度差によるヒートショックの危険が潜んでいます。

では次世代省エネ、高気密、高断熱仕様にしている家の場合はどうでしょう。
高気密高断熱の家は気密性が高いので外気の侵入を防げる分、暖房効果は抜群です。
外気を気密断熱材で遮断して室内ではエアコン等で室温の均一化を図れるからです。
ところが実際にお住まいなさっている方の生活スタイルを伺うとほとんどの方は使っている部屋だけを暖房をしていて全室暖房などはしていないのが実情です。
高気密高断熱住宅での局所暖房は室内結露の原因と室温段差によるヒートショックの危険を招きますので開放暖房による各室の温度差解消が必要です。結果的にはエアコン頼りの生活スタイルとなりあまり健康的な家ではないような気がします。

弊社の「爽やか」も高気密高断熱仕様ですがその目的は自然エネルギーを利用してエアコンに頼らない生活スタイルに変えようとするものです。床下からは地熱、壁、屋根面から太陽熱を建物包み込むように輻射熱で取り込みますから各室の温度差は少なくなり、室温の底上げが図れて、そのぶんエアコンを使わないようにしようとするものです。寒くない程度、暑くない程度の室内環境を自然のエネルギーで補って実現しようとするものです。

2010年12月13日

健康で快適な室内環境の目安は?

健康で快適な室内環境の目安は?  住まいは日常生活のベースとなる器です。暑さ、寒さを気にすることなく、いやな匂いや結露、カビに悩まされることなく爽やかな室内環境の中で元気をもらえる事が基本です。冬の室内における温度、湿度、空気の清浄さ、空気の流れの速さについての目安を知っておきましょう。2010年12月12日

健康で快適な室内環境の目安は? 

住まいは日常生活のベースとなる器です。暑さ、寒さを気にすることなく、いやな匂いや結露、カビに悩まされることなく爽やかな室内環境の中で元気をもらえる事が基本です。冬の室内における温度、湿度、空気の清浄さ、空気の流れの速さについての目安を知っておきましょう。

①冬の室温は?およそ20℃前後に保たれていれば充分です。

足元が寒く、天井付近が暖かいということがないようにする。足元と天井の温度差は1℃~2℃位の差で足元の方が高いことが望ましいです。家全体の室温にむらがあり室内で部分的に冷たい所があると結露、カビなどの原因になります。部屋ごとの温度差は最高でも3℃~4℃以内であること。一日を通しての温度変化(日中と夜間)も4~5℃以下であること。

※弊社の空気循環システムは建物全体の空気を循環させますので温度差は減少、更に全熱交換型換気設備によって外気の冷気を排気室温と熱交換してから各室へ送風するので室内温度の低下を防ぎます。ニュー暖家を採用すると約1℃の差で足暖頭寒が実現します。

②冬の室内湿度は?

健康的で快適な湿度の状態とは、絶対湿度(※参照)はおよそ1㎏の空気中に水蒸気が5~7.3g程度含まれているのが望ましい状態です。相対湿度でいうと、例えば室温18℃の時39~57.5%位の範囲、温度20℃の時では35%~50%位の範囲ということになります。
湿度がこれ以上になると窓面や暖房のない部屋などで少し温度が下がると結露しやすくなったりカビが発生しやすくなります。
逆に湿度が低く、空気中の水分が5g/㎏以下になると乾燥しすぎの感じになり、のどがカラカラになったり肌が荒れやすくなったりします。
「絶対湿度・相対湿度」とは 空気中の水蒸気は温度が変化すると含まれる量も変化します。
温度変化によって変わる湿度を「湿度00%で表したのが「相対湿度」空気中の湿度を正確にしろうとすると、空気中に含まれる水蒸気の量で表す「絶対湿度」で考えなければいけません。

※弊社の全熱交換型換気システムは除湿、加湿作用で室内湿度の調整を図れます。

③空気清浄は?

適切な換気によって二酸化炭素・一酸化炭素・建材等から出る有害物質・生活臭等が排出されることが大切です。

※弊社の全熱交換換気設備・空気循環器にはフィルターが標準装備されていて除塵・花粉を90%以上除去し、揮発性拡散有害物質は換気設備・空気循環機を通じて屋外へ排出します。

④空気の流れの速さは?

換気を行うと、室内の空気は移動します。この速度が速すぎると寒く肌に感じ不快な環境となります。移動する空気(気流)の速さは0.15m/以下が望ましいです。

※弊社の空気循環機は夏季、冬季ファンを強弱することで空気移動速度を調整して快適な室内環境を確保します。

2010年12月12日