木と漆喰の家を安く建てる 1

今、弊社に家を求めて来る大半の人の年齢層は30代後半です。 かって僕たちの年代も若かった頃、今の若者のように我が家を求めました。 でも僕たちの年代は当時、ハウスメーカーの家を建てることが憧れでありステータスであったのです。よりタイルらしく、石らしく見せたにせもの外壁、漆喰壁に似せたビニールクロス、木に似せたMDF建材、そんな家に住むことがステイータスであるようなハウスメーカーの宣伝に乗せられたのです。2010年12月10日

今、弊社に家を求めて来る大半の人の年齢層は30代後半です。
かって僕たちの年代も若かった頃、今の若者のように我が家を求めました。
でも僕たちの年代は当時、ハウスメーカーの家を建てることが憧れでありステータスであったのです。よりタイルらしく、石らしく見せたにせもの外壁、漆喰壁に似せたビニールクロス、木に似せたMDF建材、そんな家に住むことがステイータスであるようなハウスメーカーの宣伝に乗せられたのです。結果、シックハウスに犯され、アトピーや喘息に悩む子供を育ててしまいました。そればかりか化石エネルギーの大量消費による地球の環境破壊にまでにも手を貸してしまったのです。でも現在の若者はしっかりしています。本物の家を建てる地場工務店を何軒も探し求めて弊社も来場します。でも土地から探して木の家を建てるには予算が足りない。そしてやむなく建売を買ってしまう人が多いのです。

そんな人に僕は提言しています。木の家、ほんまもんの家を君たちの予算で手に入れることは出来る。、、、と。
働きすぎてはいけないこの世の中、プロ級の大工道具が安く手に入る現代、ネットを屈指すれば手に取るようにわかる施工アドバイス後は君たち若者のやる気とそれを応援してくれる工務店を探すことです。弊社は「DIYで家づくり」を徹底的に推し進めています。若者にはっぱをかけるばかりではなく具体的に施工システムと部材のキッド化、材料売りを推し進めています。ではどのようにして本物の家を安く建てるのか。その具体的な提案は後日ほど紹介しましょう。

2010年12月09日

校倉式住宅

木と漆喰の家をやすく建てる方法の一つに構造体(骨組み)の見直しがあります。
弊社の建物の特徴は二重通気工法です。その理由はすでに何度も記述していますのが見えない壁体内の土台、柱を流れる空気に触れさせ躯体を湿気やシロアリから守るためです。
ではこの内壁を突破らしてしまったらどうでしょう。正倉院のように柱や梁を見えるようにするのです。

湿気、シロアリ侵入はいつでも確認できます。シロアリの木を食べる音だって聞こえます。コスト的には内装の大工手間、材料、クロス職人の手間が省けます。
「でも内装が木ばっかりでは・」という方のにはクロスや漆喰をDIYで施工して頂きます。
この分コスト安となります。次に外壁です。パワーボードやサイデングは使いません。
外張り断熱材に特殊なスペーサーを設けて直接左官仕上げを施します。下地作業が不要となりそのぶん工程は短くなりコスト安となります。
木と漆喰を使うと新建材やクロスの生産が減りCO2の削減にも寄与します。
昔の家は大工と左官だけでした。今のようなたくさんの職種はありません。
昔の建て方に学び、DIYを導入することで本物の家が安く建つのです。

正倉院と最近の校倉式住宅
  

2010年12月10日

いい家を安く建てるコツってありますか?

「いい家を安く建てたい」誰もが願うことです。そのコツを紹介しましょう。 無垢の木をふんだんに使った自然素材の家。 自然のめぐみを利用した爽やかなで健康的な家。 100年以上長持ちする耐久の家。 わが社はこの家を建てさせて頂くために存在しているのです。当然コストは高くなります。 だからと言って一つでも欠ければ当社で建てて頂く意味がなくなり、存在する意味もなくなるのです。 ではどのようにしていい家を安く建てるのでしょう。2010年12月01日

「いい家を安く建てたい」誰もが願うことです。そのコツを紹介しましょう。

無垢の木をふんだんに使った自然素材の家。
自然のめぐみを利用した爽やかなで健康的な家。
100年以上長持ちする耐久の家。
わが社はこの家を建てさせて頂くために存在しているのです。当然コストは高くなります。
だからと言って一つでも欠ければ当社で建てて頂く意味がなくなり、存在する意味もなくなるのです。
ではどのようにしていい家を安く建てるのでしょう。
材料の品質を落とすのでしょうか。安い工務店を探すのでしょうか。それとも「エアコンありき」の生活に戻るのでしょうか、いずれもNO。安物買いの銭失い、の言葉は誰もが知っていますよね。
有害化学合成物質の塊りの家、年中エアコンビンビンで50年、60年住み続ける間のランニングコストと医療費を考えると無垢の家は決して高くは無いのです。
差し当たってのまとまった建築コスト高についていけない。これが現実なのです。
ではもう一度どうする。ヒントはあなた自身の考え方にあるのです。

①に「建物は小さく建てて広く使う」にあります。

最初の計画では予算内であったプラン。考えている間に、あれも欲しい、これは譲れないと望みがふくらみ気がつけば予算オーバー「こんなはずや無かった?」と後悔する方をたくさん見てきました。
いい家を安く建てるコツは簡単明瞭、建坪を小さくして広く使うに尽きます。
この決断はあなた自身にあるのです。工務店や設計事務所は施主様に嫌われたくないからあなたの希望をなんでも聞き入れてくれます。
あれも駄目、これも駄目です。では施主様に嫌われ契約は取れないからです。

ではここで「小さく建てて広く使う」の是非を一度検証してみましょう。
家づくりを急ぐ方には無駄な時間の浪費と思われるかもしれませんが後悔しない家づくりのためには必要不可欠、じっくり検証してからでも家づくりは遅くないと思います。

2010年11月30日

少ない予算でいい家を建てる

こんな例はどうでしょう。
広いリビングに大きなソファーを置く、せっかく広いリビングにしたのにソファーが占領してしまって5人しか座れない。
その反対の場合、狭いリビングで小さなテーブルしか置けないけど手に届く範囲に物が置けて座ったままで用が済ませて、ごろ寝ができるし何人でも座れる。

4.5畳の子供室に1.5間のクローゼット、ベットを置くと狭くてクローゼットドアの開閉が不自由、取っ払ってしまえば6畳の空間ができるし物の出し入れも楽だ、風通しも良くなり、部屋の模様替えも自由に出来るし、何年経ってもドアの蝶板が壊れた、取っ手が壊れるというメンテも無い。(子供部屋にはこのメンテは特に多い)

狭い敷地いっぱいの住宅。建売住宅で良く見かけるけど余り良い感じはしない。
「感じ」だけではなく、敷地いっぱいの家は風通しが悪くて湿気も多くなり、建物の耐久性、メンテナンス、そこに住む人の心と身体の健康にも大きく影響をしてくる。

「ひざを突き合わせて語る」は親しみを表す言葉。日本の伝統建築の茶室の広さは四畳半が平均。簡素な狭い空間に大切な客人を招き、ひざを突き合わせるように親しく語り合う、狭い空間だからこそ家族の絆がより結ばれていく。
欧米の影響を受けた孤独の部屋(個室)を見直し、高温多湿の国、日本古来の開放的な住まい造りから学ぶことはコストの面からだけでなく建物とそこに住む人の心と身体の健康の面からも今一番大切なように思います。

こうして検証してみると「小さく建てて広く使う」はコストを抑えるだけではなく建物とそこに住む人の心のすきまも取り除く究極の家造りのように思えますね。

2010年12月01日

ダイヤの輝き

小さくても本物のダイヤ 「あなたの夢を実現します」「快適住宅を約束します」こんなキャッチコピーで誘い、豪華な設備や無垢材で造られたリビングのカタログを見せる住宅メーカは少なくありません。若い方々はその宣伝に魅せられ「夢」を実現しようと各モデルハウスを歩きます。でも現実はそう甘くありません。「夢」は壊れて現実に戻り結果、建売を買ってしまう。こんなケースが多いのではないでしょうか。2010年10月20日

小さくても本物のダイヤ
「あなたの夢を実現します」「快適住宅を約束します」こんなキャッチコピーで誘い、豪華な設備や無垢材で造られたリビングのカタログを見せる住宅メーカは少なくありません。若い方々はその宣伝に魅せられ「夢」を実現しようと各モデルハウスを歩きます。でも現実はそう甘くありません。「夢」は壊れて現実に戻り結果、建売を買ってしまう。こんなケースが多いのではないでしょうか。マイホームの夢は限りなく広がりますが予算額という縛りがあることに気づき現実に戻るのです。

では30代では注文住宅は建てられないのでしょうか。NO!!建てられるのです。
いえ、建てて置かなければならないのです。

どうやって建てる?

これから大きな買い物をするのです。大雑把な金額で買い物は出来ません。
まずは概算ではなく詳細の見積もり額を知りましょう。それから引き算を始めるのです。何を捨てるか、何を優先するかの選択は詳細見積りがあれば誰でも出来ます。
家に対する貴方の常識、既成概念にも疑問を持ちましょう。そうすることで、「安い家」が実際にはとても高い家であることがわかり、高いと思っていた家が意外と安く手に入ることが解ってきます。貴方にとって必要な家とはどんな家なのかが見えてきます。契約はそれからでいいのです。契約を急がす工務店は要注意です。
丈夫で長持ちする家、そこに住む人の心も身体も健康になれる家、間仕切りの少ない家、大き過ぎない家、小さく建てて広く使う工夫をすることで本物の家は安く建てられます。
立派に見えるイミテーションの家よりも小さくてもキラリと輝くダイヤのような本物の家を安く建てる工夫をしましょう。

住まいは長期に渡って家族の成長とともに成長させて行くもの。
すべてをプロに任せるのではなく、家族も参加して完成させて行く。プロ並みの道具が簡単に手に入り、休日も増えている現代、これも新しい常識なのです。若い人だからこそ出来る特権なのです。勇気を出して挑戦することでお父さんの値打ちも上がり、家は住まいするための箱ものにとどまらず、家族の心の絆を固め、一つにする大きな求心力も発揮してくれる宝の箱になるのです。この10月23、24日の土日に漆喰塗り壁セミナーを計画しています。建築中のお施主様の家での研修です。決して興味本位ではありません。
研修を兼ねた家づくりのお手伝いとも云えるからです。家づくりを志す仲間が力を出し合って実際の家を塗り上げるのです。この輪をもっともっと広げて本物の家づくりの仲間同士でのDIYをめざしています。

2010年10月20日

鉄は早い内に、家は若い内に

家は若い内に持て、が僕の身をもって掴んだ信条です。
僕が35才、当時はお施主様の家を建てるのに夢中で家に帰って食事をしている時でも頭の中は仕事の事で一杯。
女房の話など耳に入っていませんでした。ある日、突然女房が「お父さんに任せていたら家を建てるのはいつになるやらわからん。2010年10月19日

家は若い内に持て、が僕の身をもって掴んだ信条です。
僕が35才、当時はお施主様の家を建てるのに夢中で家に帰って食事をしている時でも頭の中は仕事の事で一杯。
女房の話など耳に入っていませんでした。ある日、突然女房が「お父さんに任せていたら家を建てるのはいつになるやらわからん。私はよその工務店に頼んで家を建てる」と言い出したんです。僕が家を建てようとして腰を上げたのはそれからでした。

結果、35年のローンも終わり不動産担保は解消して今、会社の運転資金が不足しても家を担保に借入れが出来るようになっています。さらに年老いて女房一人になり収入が断えたとしてもリバースモゲージ制度を利用すれば毎月の生活費には不自由なく働き盛りの息子に迷惑かけることもないのです。「お金を出すのはお父さん、口をだすのはお母さん」亭主関白の家庭では家は建ちません。お母さんが先導しないとお父さんに任せていたら家は建たないのです。
30台の男は仕事に夢中です。家には枕一つあればそれでいい心境です。この亭主が家を持とうと思った時にはもう時遅し、で老後に夫婦は苦労します。

「若いうちに家を持つ」はステータスでもなく、いい格好でもありません。老後二人の、いずれ一人になるであろう愛する女房の経済的な安定のために必要不可欠な選択なのです。
これからも医療界の発展で人は長生きします。
長寿社会にはなりますが収入が伴わなくなっても来るのです。65才で定年を迎えて収入は無くなります。
第二の就職先も簡単には見つかりません。身体はいたって健康、女房と旅行もしたいし、孫には小遣いもやりたい。でも収入がない、この時の救いの神がリバースモゲージ制度です。
社会保障制度も当てにできない将来に変って政府の肝いりで出来たのがリバースモゲージ、この制度を利用できるには土地建物を持っている人だけです。賃貸住宅住まいの人は恩恵を受けることは出来ません。さらにその土地建物に担保が残っていないことが条件です。言い換えれば住宅ローンの完済している人のみが恩恵を受けるのです。

「家は若いうちに建てよ」は30年先のこの制度を利用するためにもあるのです。
家を建てることは贅沢ではありません。愛する家族を守る最も大切はお父さんの仕事なのです。

2010年10月19日

不可解な坪単価表示、されど日常に使われる坪単価

「坪いくらで出来ますか」よく聞く言葉です。又業界でも「今回は坪あたり0万円かかった」ともよく聞きます。
建築費を坪単価で表すことは日常よく使われますがこの価額ほど不正確な金額はないと言えます。不正確な金額なのにも関わらず一般的に建築費を予測する場合に引き合いに出されるのが、「坪あたりのいくらで出来ますか」の質問です。2010年10月18日

「坪いくらで出来ますか」よく聞く言葉です。又業界でも「今回は坪あたり0万円かかった」ともよく聞きます。
建築費を坪単価で表すことは日常よく使われますがこの価額ほど不正確な金額はないと言えます。不正確な金額なのにも関わらず一般的に建築費を予測する場合に引き合いに出されるのが、「坪あたりのいくらで出来ますか」の質問です。同じグレードの家でもスケルトンか間仕切りが多かで坪単価は変わります。トイレが2つあるか無いかでも変わります。建物本体だけなのか、建築諸経費含まれているかでも大きく変わります。そうしたもろもろの条件を統一した上で「坪単価いくらで出来る」の質問することが肝心です。

弊社も坪単価表示をしています。
その欄には注訳を添えています。坪あたりの価額は建築面積・部屋数・設備の数により坪単価は変ることなど。これら無数の条件を弊社では「設計原則」としています。
この設計原則に基づいて概算見積りしていますがこれさえいい加減な見積りと言えます。あくまでも「およそ値らくらいかかるのか?」の大まかな金額を知るための参考金額なのです。本体が値らかかって諸経費が値らかかって総額でどの位の値段になるのか、おおよその予算を掴んで頂くための坪単価表示です。

何千万円の買い物をして頂くのですから野菜の安売りのように一盛なんぼでは買っては頂けません。
今なら0万円引き、期間限定、などの言葉も使いません。契約は急がないのが信条。
詳細な打合せを何度も行い、十分納得頂いた方のみ、契約をして頂いています。

2010年10月18日

いい家を安く建てるコツ 1

住まい造りは時代と共に変遷してきては来ていますが普遍的に変わらない大切なものがあるように思います。住まいの中で家族の絆が固く結ばれること。健康でさわやかな生活が出来き、子供の人間形成に役立つこと。ところがこのごろの家づくりにはハウスメーカーや設備メーカーが主導し、豪華な設備や建材を使うことに目を向けさせられているように思えませんか。2010年10月04日

住まい造りは時代と共に変遷してきては来ていますが普遍的に変わらない大切なものがあるように思います。住まいの中で家族の絆が固く結ばれること。健康でさわやかな生活が出来き、子供の人間形成に役立つこと。ところがこのごろの家づくりにはハウスメーカーや設備メーカーが主導し、豪華な設備や建材を使うことに目を向けさせられているように思えませんか。

朝青龍の故郷にゲルという住まいが今もあります。内部は円形の4~6mほどの空間で一家族で住む場合もあるし、大家族で住む場合もあるそうです。南に玄関を設えて西側を男性の居住空間、東側を女性の居住空間、中央にはストーブを兼ねた炉、暖をとり料理もします。個室というものは無く寝室はカーテンで仕切られているのみです。
地面に直接敷物を敷き、年中地熱を利用。円錐形の屋根中央から明かりを取り、夏も冬も太陽熱を利用しています。建築コスト、家族の人間形成、エコ対策の面からもこのゲルから学ぶことはたくさんあるような気がします。

「子供が小さいから個室なんか要らない」のではなく広がりの空間を与えて成長と共にに自身で工夫をさせる。10年先の事を考えて今から準備して置くのではなく、今を考え、家族の成長とともに住まいも成長させていく、こう考えると建築コストは安くなるはずです。しかも広い空間で兄弟姉妹が人の気配に配慮しながら遊び、学び、親の背中を見つめて成長する。幼いころから無意識のうちに培われる人間形成がこの広がりの空間から生まれるとしたら間仕切りの少ない家は建築コストを下げるだけではなく、家族の絆をより強固に固め、子供の人間形成に大きく寄与すると言えるのではないでしょうか。

いい家を安く建てる方法にはなんとこんないいことも隠されているんですね。ちなみに最近の建築費のおよそ1割が設備費に費やされています。
もしこの予算を抑えることが出来たら。あなたの希望する自然素材の家、漆喰塗り壁、無垢杉の床板の家がすべてまかなえるのです。
いい家づくりのヒントはここにもあるのです。

2010年10月05日

漆喰塗りに挑戦しよう!

いい家を安く建てるにはどうする?安い工務店を探すのも一つの選択かもしれないけれど僕はそうは思っていません。
「安もの買いの銭失い」という言葉があるように安物にろくなものは無いです。食べ物は食べなおしが出来ますが家はそう簡単に建て替えなんで出来ません。
いい家は高く付きます。

ではどうして安く建てるか。答えは工務店側にあるのではなく施主様自身の考え方にあるのです。

一に小さく建てて広く使う。建坪が大きければ工事費は高くなります。建坪を減らして間仕切りを大きく取って広く使うに尽きます。
部屋が一つ少なくなれば窓は二つ減り、ドアも減ります。
電気配線、壁の面積も減るのです。
室内に建具付きの収納は当たり前、ではありません。収納間仕切りはプラインド、位置は気分で模様替出来るとしたら部屋のレイアウトの楽しみが増えます。

「家族の成長とともに家も成長させる」も一つの選択。

二つにDIYでの家づくり参加です。
すべてをプロに任せるのではなく「自分も、家族も参加して家を完成させていく」の心がけが大切です。無論工務店の取組み姿勢も大切です。そのためには初めにDIY条件を出しておくことです。働きすぎてはいけない現代、コーナンへ行けばプロ級の道具が安く手に入る現代、ネットを屈指すればどんなマニアルも手に入る時代です。後はあなたがその気になるだけなのです。
化学合成物質の塊りの中でイライラしながら暮らすのか、自然素材に癒されながら健康的に毎日を暮らすのかの選択をするのはあなた自身なのです。
今回、建築中の現場でお施主様の協力を頂いて、下記要旨でイベントを開催します。
いい家を安く建てようと真剣にお考えならぜひ参加して下さい。僕たちも真剣に一生懸命応援します。

2010年10月04日