Tさんの家 大阪府箕面市

注文住宅 施工実績 Mさんの家

注文住宅 施工実績 Mさんの家

Mさんの家 外観

光あふれる吹き抜け


爽やかな空気が巡る3階建て
サーマ・スラブで冬も暖かく

ダイナミックな勾配屋根が個性を放つ外観。スリット窓を品よくあしらうことで、デザイン性を高めるとともに、遮熱・断熱性や防犯性にも配慮。
地熱を活かし、家じゅうを空気が巡る外張り断熱・二重通気工法により、夏も冬も快適な住環境を実現。間仕切り壁を極力設けず、必要な時だけロールカーテンで緩やかに仕切る。
「友人たちとボードゲームを楽しみたい」「いずれは自転車も収納したい」といった要望から生まれた土間リビング。土間リビングを中心に2階までが一つながり、どこにいても家族の気配が感じられる。
家族やゲストとともに、時間を忘れてボードゲームに興じる。『集いを楽しめる家を』と願っておられたご夫婦にとっては至福のひと時だ。一枚板の大テーブルもこだわりの逸品。

実例データ
床面積 1階 71.22㎡ 2階 16.56㎡
延床面積 87.78㎡
敷地面積 193.66㎡
工法 木造軸組 (木造軸組)
竣工 193.66㎡
商品名 兵庫木の家 サーマスラブ

F さんの家 大阪府高槻市

注文住宅 施工実績Fさんの家 爽やかな空気が静かに巡る家。DIYで自分らしさをプラス

注文住宅 施工実績Fさんの家 外観

玄関

木の温もり漂う爽やかな住まい

大胆な吹抜けのLDK


爽やかな空気が静かに巡る家。
DIYで自分らしさをプラスく

床にはパインの無垢材を採用

眺望に惹かれて土地を購入。
木の温もり漂う爽やかな住まいを新築されたFさん。
大胆な吹抜けのLDKは、光があふれ、爽やかな空気が
巡る快適空間。床にはパインの無垢材を採用
採光と眺望に恵まれ、漆喰や無垢材に囲まれた住まいは
とても快適。今後はウッドデッキを作ったり、
2階ホールにカウンターデスクを設けるなど、手を加え
ながら楽しんでいきたいです。

実例データ
延床面積 154.23㎡
敷地面積 187.46㎡
工法 木造軸組
竣工 2010年4月
商品名 ニュー暖家

H さんの家 大阪府豊中市

注文住宅 施工実績 Hさんの家

注文住宅 施工実績 Hさんの家 外観

DIYでコストダウン、自然の力を借りて人にやさしい家に

大きなロフトにスリット窓

くつろぎ感漂う畳コーナー


DIYでコストダウン。
自然の力を借りて人にやさしい家に

光あふれる吹き抜け

壁塗りセミナー参加者や友人たちとともに家族で塗りを体験。愛らしい手形が記念に

「なるべくエアコンに頼らずに暮らしたい」という思いを
抱き、当社を選ばれたHさん。外張り断熱・二重通気工法と
地熱利用。そして自然素材による健康的で快適な住まいに
満足されているという。2階LDKは広く明るく、大胆な吹抜けと
現しの梁が印象的。漆喰を採用。
漆喰を採用し、壁塗りの作業に参加されました。

実例データ
床面積 1階 70.80㎡ 2階 60.87㎡
延床面積 131.67㎡
敷地面積 127.14㎡
工法 木造軸組
竣工 2011年2月
商品名 ニュー暖家

キッチンの正面にスタディコーナー

玄関ホール

木と漆喰の家を安く建てる 1

今、弊社に家を求めて来る大半の人の年齢層は30代後半です。 かって僕たちの年代も若かった頃、今の若者のように我が家を求めました。 でも僕たちの年代は当時、ハウスメーカーの家を建てることが憧れでありステータスであったのです。よりタイルらしく、石らしく見せたにせもの外壁、漆喰壁に似せたビニールクロス、木に似せたMDF建材、そんな家に住むことがステイータスであるようなハウスメーカーの宣伝に乗せられたのです。2010年12月10日

今、弊社に家を求めて来る大半の人の年齢層は30代後半です。
かって僕たちの年代も若かった頃、今の若者のように我が家を求めました。
でも僕たちの年代は当時、ハウスメーカーの家を建てることが憧れでありステータスであったのです。よりタイルらしく、石らしく見せたにせもの外壁、漆喰壁に似せたビニールクロス、木に似せたMDF建材、そんな家に住むことがステイータスであるようなハウスメーカーの宣伝に乗せられたのです。結果、シックハウスに犯され、アトピーや喘息に悩む子供を育ててしまいました。そればかりか化石エネルギーの大量消費による地球の環境破壊にまでにも手を貸してしまったのです。でも現在の若者はしっかりしています。本物の家を建てる地場工務店を何軒も探し求めて弊社も来場します。でも土地から探して木の家を建てるには予算が足りない。そしてやむなく建売を買ってしまう人が多いのです。

そんな人に僕は提言しています。木の家、ほんまもんの家を君たちの予算で手に入れることは出来る。、、、と。
働きすぎてはいけないこの世の中、プロ級の大工道具が安く手に入る現代、ネットを屈指すれば手に取るようにわかる施工アドバイス後は君たち若者のやる気とそれを応援してくれる工務店を探すことです。弊社は「DIYで家づくり」を徹底的に推し進めています。若者にはっぱをかけるばかりではなく具体的に施工システムと部材のキッド化、材料売りを推し進めています。ではどのようにして本物の家を安く建てるのか。その具体的な提案は後日ほど紹介しましょう。

2010年12月09日

校倉式住宅

木と漆喰の家をやすく建てる方法の一つに構造体(骨組み)の見直しがあります。
弊社の建物の特徴は二重通気工法です。その理由はすでに何度も記述していますのが見えない壁体内の土台、柱を流れる空気に触れさせ躯体を湿気やシロアリから守るためです。
ではこの内壁を突破らしてしまったらどうでしょう。正倉院のように柱や梁を見えるようにするのです。

湿気、シロアリ侵入はいつでも確認できます。シロアリの木を食べる音だって聞こえます。コスト的には内装の大工手間、材料、クロス職人の手間が省けます。
「でも内装が木ばっかりでは・」という方のにはクロスや漆喰をDIYで施工して頂きます。
この分コスト安となります。次に外壁です。パワーボードやサイデングは使いません。
外張り断熱材に特殊なスペーサーを設けて直接左官仕上げを施します。下地作業が不要となりそのぶん工程は短くなりコスト安となります。
木と漆喰を使うと新建材やクロスの生産が減りCO2の削減にも寄与します。
昔の家は大工と左官だけでした。今のようなたくさんの職種はありません。
昔の建て方に学び、DIYを導入することで本物の家が安く建つのです。

正倉院と最近の校倉式住宅
  

2010年12月10日

漆喰塗り壁セミナー開きます!!

働き過ぎてはいけないこの世の中、なんだか変には思うのですがこの際はカット、 とにかく昔と違って休みが多い。コーナンに行けばプロ級の工具が安く手に入りネットを屈指すれば作業の手順を親切に教えてくれる。材料も好きなだけ買えるし、運搬の車まで無料で貸してくれる。こんなのを利用して自分も家づくりに参加しよう。2010年12月02日

働き過ぎてはいけないこの世の中、なんだか変には思うのですがこの際はカット、
とにかく昔と違って休みが多い。コーナンに行けばプロ級の工具が安く手に入りネットを屈指すれば作業の手順を親切に教えてくれる。材料も好きなだけ買えるし、運搬の車まで無料で貸してくれる。こんなのを利用して自分も家づくりに参加しよう。

私はDYIの言葉もない何十年も前からこの考え方をお施主様に訴えてきたのです。
この考え方は昔から日本の家づくりにはあって何も目新しいことではありません。
昔、棟上げの日は村の若い衆が寄り集まって上棟を手伝いました。今もあの白川郷の合掌づくり茅葺屋根の葺替工事には全国から若い人がボランテイアで集まってきます。
新築の民家の壁は荒壁のまま、門塀は出来上がっていない状態で入居し、平然と暮らしてきたのです。現代は核社会、近隣の付き合いも氣薄になり職場でのつながりを家までもって帰らない風潮になっていますが最近では家づくり通じてこのつながりが復活する動きが起こりつつあります。(弊社の現場でも施主様の職場の仲間が漆喰ぬりに何日も応援してくれました) 「そんなの僕には出来ない」よく聴く言葉ですが出来ないと決めればどんなことでも出来ません。「案ずるよりも生むが安し」の言葉があります。あなたの家族にとって家づくりは一生一代の大事業です。この大事業のすべてを人任せにするのではなく、家族も参加し、プロと一つのこころで完成させていく。この行動は建築費の削減になるだけではなく、あなたの家族の絆、友人との絆、職人さんとの絆、人間関係まで高めて、あなたの家づくりの歴史に素晴らしい思い出として刻まれるのです。

今週の土日豊中市役所の北となりの建築現場で漆喰塗り壁セミナーを開きます。
またとないチャンスです。ぜひご家族そろって参加下さい。

※ 漆喰塗っているのは職人さんではありません。すべてお施主様です。

2010年12月02日

DIY本番です!!

きょうはDIYの本番の日でした! 参加の皆さんお疲れ様でした。現場を提供して頂いた高槻のS様有難うございました。 弊社にとっても初めての試みを皆さん快諾頂き本当に感謝します。 そして今日、真っ暗になるまでご指導頂いた左官の職人様有難うございました。これからの家づくりはマイホームを求める皆さんが仲間になってみんなで協力して作り上げていく時代で す。2010年10月23日

きょうはDIYの本番の日でした!

参加の皆さんお疲れ様でした。現場を提供して頂いた高槻のS様有難うございました。
弊社にとっても初めての試みを皆さん快諾頂き本当に感謝します。

そして今日、真っ暗になるまでご指導頂いた左官の職人様有難うございました。これからの家づくりはマイホームを求める皆さんが仲間になってみんなで協力して作り上げていく時代で
す。今日参加頂いた皆さんはその先陣を切ったと言えますが実はこのDIY、新語ではありますが昔からある行事と言えるんですよ。
僕が小さかった頃、村で家が建つ時は隣組、親戚、友達、皆が集まって棟を上げたのです。今もあの白川郷の茅葺屋根の葺き替えには全国の仲間が手弁当で駆けつけているのは皆さんご存知のはずです。
有り余ったお金で建てる人は施す人と書いて施主さんと呼びます。若い皆様は施主ではないのです。人に施すほどの余裕はないですよね。
ですから友人、知人と工務店、みんなの協力で家を建てる!この気構えをもって家づくりに臨みましょう。しみずは精一杯皆様を応戦します。

   

左官さん、夜遅くまで指導してくれてありがとう!外はもう真っ暗でした。
今日の参加した皆さんは子供さんをいれると15人にもなりました。

2010年10月23日

DIYで家づくり本番二日目です。

きのう24日はDIYの二日目でした。最終でしたので後片付けで遅くなってしまってブログをサボって今日になりました。参加した皆さんの協力のお陰で、お施主様の家の壁、二部屋完成しました。無論プロの親切な指導の賜物です。今までのセミナーでは研修と実践は別々でしたので参加した皆さんの体験はデモのみで実践は無かったのです。今回は会費は要りましたが参加した皆さんは実際を体験できたのです。そして施主様の家の漆喰壁は参加者皆さんと職人さんの指導のお陰で二部屋が完成しました。この二日間の経験を元に後一部屋を施主様ご夫婦が塗り上げれば2階の部屋はすべてDIYで仕上げたことのなります。家づくりの貴重な経験が家族の歴史として刻みますし、コスト安で本物の家が手に入る方法を実践したことにもなりました。
お施主様には研修場所を提供頂き、職人さんにはご指導頂き、参加者の皆さんの協力のお陰で貴重な経験をすべての皆さんと共に体験することが出来ました。
ご近所の皆さんを含めて、すべての皆さん有難うございました。

2010年10月25日