木と漆喰の家を安く建てる 1

今、弊社に家を求めて来る大半の人の年齢層は30代後半です。 かって僕たちの年代も若かった頃、今の若者のように我が家を求めました。 でも僕たちの年代は当時、ハウスメーカーの家を建てることが憧れでありステータスであったのです。よりタイルらしく、石らしく見せたにせもの外壁、漆喰壁に似せたビニールクロス、木に似せたMDF建材、そんな家に住むことがステイータスであるようなハウスメーカーの宣伝に乗せられたのです。2010年12月10日

今、弊社に家を求めて来る大半の人の年齢層は30代後半です。
かって僕たちの年代も若かった頃、今の若者のように我が家を求めました。
でも僕たちの年代は当時、ハウスメーカーの家を建てることが憧れでありステータスであったのです。よりタイルらしく、石らしく見せたにせもの外壁、漆喰壁に似せたビニールクロス、木に似せたMDF建材、そんな家に住むことがステイータスであるようなハウスメーカーの宣伝に乗せられたのです。結果、シックハウスに犯され、アトピーや喘息に悩む子供を育ててしまいました。そればかりか化石エネルギーの大量消費による地球の環境破壊にまでにも手を貸してしまったのです。でも現在の若者はしっかりしています。本物の家を建てる地場工務店を何軒も探し求めて弊社も来場します。でも土地から探して木の家を建てるには予算が足りない。そしてやむなく建売を買ってしまう人が多いのです。

そんな人に僕は提言しています。木の家、ほんまもんの家を君たちの予算で手に入れることは出来る。、、、と。
働きすぎてはいけないこの世の中、プロ級の大工道具が安く手に入る現代、ネットを屈指すれば手に取るようにわかる施工アドバイス後は君たち若者のやる気とそれを応援してくれる工務店を探すことです。弊社は「DIYで家づくり」を徹底的に推し進めています。若者にはっぱをかけるばかりではなく具体的に施工システムと部材のキッド化、材料売りを推し進めています。ではどのようにして本物の家を安く建てるのか。その具体的な提案は後日ほど紹介しましょう。

2010年12月09日

校倉式住宅

木と漆喰の家をやすく建てる方法の一つに構造体(骨組み)の見直しがあります。
弊社の建物の特徴は二重通気工法です。その理由はすでに何度も記述していますのが見えない壁体内の土台、柱を流れる空気に触れさせ躯体を湿気やシロアリから守るためです。
ではこの内壁を突破らしてしまったらどうでしょう。正倉院のように柱や梁を見えるようにするのです。

湿気、シロアリ侵入はいつでも確認できます。シロアリの木を食べる音だって聞こえます。コスト的には内装の大工手間、材料、クロス職人の手間が省けます。
「でも内装が木ばっかりでは・」という方のにはクロスや漆喰をDIYで施工して頂きます。
この分コスト安となります。次に外壁です。パワーボードやサイデングは使いません。
外張り断熱材に特殊なスペーサーを設けて直接左官仕上げを施します。下地作業が不要となりそのぶん工程は短くなりコスト安となります。
木と漆喰を使うと新建材やクロスの生産が減りCO2の削減にも寄与します。
昔の家は大工と左官だけでした。今のようなたくさんの職種はありません。
昔の建て方に学び、DIYを導入することで本物の家が安く建つのです。

正倉院と最近の校倉式住宅
  

2010年12月10日

アリとキリギリス物語 現代版

先週の土日の構造見学会は大盛況で終えました。この二日間はいい家を求めようとする方にとっては有意義のある一日でした。これも一重に施主様の協力があっての事で、施主様には心から御礼申し上げます。有難うございました。 今回参加頂いた方々に共通しているのは若い世代であること。2010年11月15日

先週の土日の構造見学会は大盛況で終えました。この二日間はいい家を求めようとする方にとっては有意義のある一日でした。これも一重に施主様の協力があっての事で、施主様には心から御礼申し上げます。有難うございました。
今回参加頂いた方々に共通しているのは若い世代であること。
この厳しい経済環境の中での前向きな姿勢に喝采するとともに少しでも力になりたいと決意を新たにしているところです。

「せっかく良い家を建てようと決意したのに土地がない」あっても高くて手が出ない、結局予算が減ってしまって建物にしわ寄せが来る。
最初の情熱は消え伏せ、建売を買ってしまうか、化学材料塊りの家を建ててしまう。こんなケースを何軒も見てきました。
でも一方で、不景気だからこそいいこともある。例えば土地購入の場合、今までは建築条件付きばかりで素人には良い土地は手に入らなかったのが今は結構条件を外して売ってくれる。ネットを屈指すればわざわざ不動産屋に問い合わせなくても情報は手に入ると便利になった。
後はいい家を建てようとするあなたの情熱のみです。

とにかく若い世代の人に理解して欲しいのは「家を建てる時期は今しかない」「待ったなし」だと言うこと。
決して建て急がそうとしているのではありませんしこの言葉は現金で建てる人には通用しません。ローンで家を建てようとする方への助言なんです。おそらく、35年ローンを払い終える頃は定年前となります。定年後の生活設計にのために早く建てて置く必要があるのです。家を持つことは贅沢でもステータスでもありません。いずれ収入がとざえるであろう老後の二人の生活安定のために不可欠なのです。
今、借家住まいの人は気楽でしょう。ローンがないのですからお金は好きなものを買うのにどんどん使えます。住宅ローンで窮屈な生活をする人は馬鹿に見えるかもしれません。
35年後はどうでしょう。いずれ収入は減ったりとざえたりする時期が必ず来ます。その時に住宅ローンを終えた人はこの土地と建物があれば、リバースモゲージ制度を利用して安定した生活が出来るのです。借家住まいの人は家賃が滞納すれば新借家法で強制執行で追い出されるのです。
では、家を持ちローンを完済していれば誰でもこの恩恵を受けるのでしょうか、NOです。35年先でも値打ちの落ちない家を建てて置く必要があるのです。今のFスター基準をクリアした住宅をハウスメーカーは自慢して売っています。「当社の建物は政府の厳しい基準、フォースターをクリアした建材で建てています」と・・・このフォースター基準が曲者です。この基準いつまで続くのでしょう。35年も続く保証はありません。定年でリバースモゲージの適用を受けようとした時「貴方の建物は新基準を満たしていませんから希望通りの金額は出ません」ということになるかも知れないのです。日本の木で造った家はそんな心配は要りません。

家から一歩外へ出れば、電磁波とVOC拡散の泡中です。電車、オフイス、学校、コンニすべて有害化学合成物質の塊りと言えます。せめて家だけは自然の素材で建てて、疲れた身体を癒し、元気を取り戻す場所にしたいものです。
木の家は毎日の家族の健康と将来の安心のためにどうしても譲れない器なのです。

熱心に木の家を参考にする若い世代

 

2010年11月15日

いきいき森のネットワーク紹介

今、家を求める若い世代の人達の共通している願いは家族の健康です。 そのために自然素材で造る家を求めています。 やっとの思いで造った家でシックハウスや化学物質 過敏症になる事例は後を絶たないからです。 住まいが健康に及ぼす影響は日本建築学協会警鐘するところです。2010年11月07日

今、家を求める若い世代の人達の共通している願いは家族の健康です。
そのために自然素材で造る家を求めています。
やっとの思いで造った家でシックハウスや化学物質
過敏症になる事例は後を絶たないからです。

住まいが健康に及ぼす影響は日本建築学協会警鐘するところです。
この時期、無垢の木で造る家、漆喰塗り壁の家の選択は林野庁が推進している日本の木の家づくり運動とマッチしています。

京都議定書では2012年までに日本のCO2の排出量を1990年の水準より6%削減を約束しています。その内の3.8%が森林吸収に割り当てられました。この目標達成のために林野庁では国民に日本の木で家を建てる為の数々の運動を繰り広げてています。

みなさんに日本の木と親しんでもらうためのHPも開設しています。「いきいき森のネットワーク」です、会費は無料で会員登録をすると「木づかい友の会通信」が送られてきます。素敵なプレゼントも貰えます。あなたが会員になるだけでも日本の木はその分元気になるのです。この時期、家を計画している方には絶好のチャンスといえます。「日本の木を使うことで家族と日本の森が元気になる」日本の木で家を建てることは地球環境にも大きく貢献することになるのです。

この土日には豊中市内で日本の木と漆喰の家の構造見学会を開催します。
無垢杉の床材、建具、樹脂サッシ、断熱材の種類、外壁材の種類など必ず参考になります。家づくりはそれからでも遅くはありません。
家族の健康と日本の元気のためにぜひお越し下さい。きっと役に立ちます。

NPO法人いきいき森ネットワーク http://www.iki-mori.net

2010年11月10日

知っていました?!  このマーク?

このマークの3.9の意味が解りますか?
この数字は京都議定書で約束した日本の温室効果ガス6%のうち、3.9%(※)は森林によるCO2吸収が担っていることを訴えているマークなんです。
日本の森林を守るために大切なのは、日本の木を使うこと。積極的に日本の木を使うことで山村が活性化され、CO2をたっぷり吸収する元気な森林が育って生きます。
日本の木を使って家を建てることは地球温暖化防止にとても役立っているのです。
私たち工務店はお施主様のお陰で日本の木を使った家を建てられることをとても誇りに思っています。

2010年11月07日

木の家の良さはネットでは解らない

今、どんな情報でもネットを屈指すれば座っていながらおおよその情報は手に入りる便利な時代です。 でもいい家を建てる情報は座ったままでは手に入りません。ネットやカタログだけでは駄目でなのです。木の家がいいからといってもでもすべての人に木の家がいいとは限りません。自分にはいいのに、この子には駄目という自然素材もあるからです。 自然素材の家、木の家の良さを知るには頭ではなく身体で、五感で感じ取ることが大切です。2010年10月16日

今、どんな情報でもネットを屈指すれば座っていながらおおよその情報は手に入りる便利な時代です。
でもいい家を建てる情報は座ったままでは手に入りません。ネットやカタログだけでは駄目でなのです。木の家がいいからといってもでもすべての人に木の家がいいとは限りません。自分にはいいのに、この子には駄目という自然素材もあるからです。

自然素材の家、木の家の良さを知るには頭ではなく身体で、五感で感じ取ることが大切です。そのためにはためらわず、あつかましく、建築現場やモデルハウスに出向くことが一番です。それも短時間で見て廻るのではなく、じっくりと時間をかけることが大切。目で見るだけではなく肌で感じることが大切なのです。

密室にした部屋に身体を置いているとその部屋の空気感がわかってきます。弊社のモデルハウスでは午前10に来場なさったお子様連れの客様が夕方の5時過ぎまで居る例は珍しくありません。1才から5才くらいのお子様がだだもこねずに機嫌よく遊んでいる例もたくさんあります。むろんすべてのお客様がそうだとは言いません。ようはバタバタと数件を回り歩くのではなく、じっくりと時間をかけて家族の五感で知る知識が大切だと言いたいのです。

2010年10月16日